15歳のインターン少年、新しい惑星を発見する

15歳のインターン少年、新しい惑星を発見する 1

発見に年齢は関係ない。それが見えるかどうかだ。

15歳の時って何してましたっけ? 私は、友達ととにかくおしゃべりばかりしていたような気がします。しかし、世界には同じ15歳でも地球と宇宙の関係に名を残す人もいるのです。Tom Waggくん、15歳は、このたび新たに惑星を発見しました。

現在17歳のTomくんが、1000光年先にある木星ほどの大きさの惑星を発見したのは2年前の話。確認に2年ほどかかりましたが、今回無事認定されました。発見した当時は、Keele大学にてインターンシップをしており、イギリスのWASP(Wide Angle Search for Planets)というプロジェクトに参加していたことから、惑星は現在、仮にWASP-142bと呼ばれています。このプロジェクトで惑星が発見されたのは142個目、惑星名の後半はここからきています。Keele大学によれば、Tomくんは惑星発見最年少ではないかということです。

ネタ元のBBC曰く、Tomくんは適当にあちこち宇宙を見ていたのではなく、膨大なデータ解析のもとにこの星を発見したのだとか。WASPでは、星の明るさをトラッキングするために、複数台の望遠鏡を使い毎晩何度も空をモニタリングしており、このデータから星の明るさが若干落ちたことをTomくんが気づき、新惑星を見つけたのです。惑星が星と望遠鏡の間を周回したことが、この星の明るさに影響したというわけ。

以下の画像は、WASP-142bのレンダリング画像。

15歳のインターン少年、新しい惑星を発見する 2

Tomくん、将来はやはり宇宙関係の仕事に就くのかな。

image: via Keele University

source: Keele University via BBC

Bryan Lufkin - Gizmodo US[原文

(そうこ)