2016年のお年玉はOculus Riftの製品版に投資しよう

2016年のお年玉はOculus Riftの製品版に投資しよう 1

僕らにとってはこの製品版こそがお年玉ですから!

2016年第1四半期、ついにOculus RiftコンシューマーVer.が発売されるそうです。

開発版がリリースされていた段階から、VRプラットフォームの王道を担う弩ストライクとして期待されていたOculus Rift。どのようなハードウェアパッケージとなるのでしょうか。

まずサウンド面を見てみましょう。サイドレール部分にアラウンドイヤータイプのハウジングがありますね。

2016年のお年玉はOculus Riftの製品版に投資しよう 2

そうなんです。開発版と違って製品版はヘッドフォンつき! 取り外してお好きなヘッドフォン/イヤフォンを使うこともできますが、余計なケーブルに悩まされずに済むというのは大きなアップデートといえるでしょう。

2016年のお年玉はOculus Riftの製品版に投資しよう 3

ディスプレイは1枚のパネルから、左右2枚の有機ELパネルに変わりました。瞳の間隔(IPD)に合わせてレンズ間を調節できる機能もつきます。Oculus Riftに限らず従来のVRヘッドセットに違和感を感じていた人もたぶん大丈夫。没入感モア&モアです。

メガネ男子、メガネ女子もご安心を。サイドレールの位置が外側にマウントされており、メガネのテンプルと干渉しない設計になっています。

HMD部分がこれだけアップデートしたにも関わらず、重量は開発版より軽量化!

2016年のお年玉はOculus Riftの製品版に投資しよう 4

肝心要のコントローラ(ゲームマシンにとってコントローラの質は本体のクオリティと同じレベルで重要です)は...どこかで見たことある。Xbox Oneのコントローラだ

実はXbox Oneのゲームをストリーミングプレイすることができるんですって。別途Windows 10をインストールしたパソコンが必要ですが、Oculus RiftをドライブするにはそもそもPCが必要になるので問題ナッシン。

さすがに固定画面用のゲームを全周VRにすることはできません。それでもHaloやForzaのダイナミックさを独り占めできるうれしさはありますね。サイコパスやCHAOS;CHILDのようなジャパニーズADVもやってみたい。ホームシアターのセットを組まなくてお一人さま映画館が作れるってことですもの。

2016年のお年玉はOculus Riftの製品版に投資しよう 5

そして本体から遅れての発売となりますが、左右の手で1機ずつ操作するコントローラOculus Touchもリリースされます。Oculus Rift本体とOculus TouchにはLEDマーカーが組み込まれており、外部センサーによる位置トラッキングを可能にします。

開発版から盛り込まれていた機能ですが、アタマを振るだけで周囲を見渡せる感覚はゲームの世界に入り込んでいる感が盛り盛りで気持ちのいいもの。傾きセンサーや加速度センサーだけでは実現できない、正確なトラッキングがいいんですよね。

2016年のお年玉はOculus Riftの製品版に投資しよう 6

コントローラー部にもマーカーを仕込んだということは、ジェスチャーで操作できるコンテンツも作られるということでしょう。Oculus Touchはオプションゆえに、開発者には苦労が増えますが期待したいところ。

2016年のお年玉はOculus Riftの製品版に投資しよう 7

参加するゲームスタジオはこちら。スクエニいますねー!

TPSも出るのか! 恥ずかしながらVR&TPSは未体験なので、これまた楽しみ!

マイクロソフトXboxシリーズとのカップリングということで、鉄騎(Xbox)やプロジェクトシルフィード(Xbox 360)のリメイクもでてくれやしませんか。この2作はワールドワイド向きだと思うのですよね!

2016年のお年玉はOculus Riftの製品版に投資しよう 8

日本版のサイト(/ja/)もオープン(ただし現在は英文)。マジ来年のお年玉は初売りセールとかで使い切ってはいけません。お年玉もらえない派はいまから500円玉貯金はじめましょう。

source: Oculus VR: Oculus

Sean Hollister and Sean Buckley - Gizmodo US[原文

(武者良太)