2018年のiPhoneはグニッとカーブ形状に?

150625n2018iphonecurve.jpg

曲がると使いやすくなる、のかなぁ…?

iPhoneの完成されたスタイルは素晴らしいんですが、Android端末を見てみるとディスプレイがカーブした「Galaxy S6 Edge」や本体までカーブしている「Galaxy Round」など、なんだか不思議な魅力を秘めた端末がいくつかあります。実はこのディスプレイや本体をカーブさせるトレンドが将来のiPhoneにやってくるかもしれないんです。

韓国経済誌のBusiness Koreaによると、アップルはiPhoneのディスプレイをIPS液晶から有機ELディスプレイへの変更を計画しているそうです。有機ELディスプレイは一般に色の正確さ・明るさ・彩度に優れていて、Apple Watchにも採用されたことは記憶に新しいですね。

さらに有機ELディスプレイを採用することにより、アップルは2018年カーブ形状のiPhoneを販売する可能性があるそうなんです。ワオ! サムスンやLGが発売した曲がったスマートフォンがアップルからも登場するんでしょうか? なお、噂されるディスプレイのサプライヤーは同じくサムスンとLGとなっています。

曲がったiPhoneがどんな使い勝手なのかちょっと想像がつきませんが、ぜひ一度見てみたいものです。

source: BusinessKorea Apple Insider

(塚本直樹)