スマホで後頭神経痛。注射20回の地獄を見てきました

2015.06.23 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150622smartphone_occipital_nerve.jpg


何ヶ月か前から頭痛が始まって、ちょっと普通の痛みじゃないんですよね。

二日酔いが「割れる」ような痛みなら、これは「焼けつく」ような痛みで。真っ赤に焼けた鉄の棒で頭をぶん殴られて痛みが頭蓋骨全体を稲妻のように駆け抜ける感じなんです。

神経学の専門医に相談にいった時には、もう死を覚悟してました。大げさだけど、本気です。ちょうど2年前にいとこが脳のがんと診断されたばかり(頭痛がひどくて診察に行ったら、脳腫瘍が原因だった)なので。あれ以来、うちでは脳関連のことにひどく敏感になってるんです。まさかとは思ったけど、2週間前ニューヨーク大学附属病院の待合室で待ってる時には最悪の事態を想定して、握りこぶしに我知らず力が入ってました。

「大体のことはわかったわ」―20分診断すると、Myrna Cardiel医師はこうあっさりと言いました。診察では、どんな痛みかまず聞かれました。あとは目に光を当てて、コーディネーションスキル(脳の命令と身体の動きが連動するかどうか)をチェックして、歩かせてみたり、質問を山ほど。それがひと通り終わると、医師はGoogle開いて、こんな恐ろしげな言葉を入力したんです、occipital neuralgia(後頭神経痛)

Google検索で出てきた画像を見せながら、医師は、首の後ろで脊柱から後頭神経が出てきて頭蓋骨全体に枝分かれしていく様子を説明しました。後頭神経痛というのは、なんでも、神経の根っこのところに圧力や損傷が加わってる状態のことで、慢性の焼けつくような頭痛が起こるんだそうな。痛みは後頭部や側頭部に局所的に現れることもあるし、僕の場合のように、脳天に突き抜けるような痛みになって現れることもあるそうです。スクロールダウンしていったら、頭蓋骨全体に神経が広がる図、医師が患者の頭蓋骨に針をぶすぶす突き刺してる写真が出てきて、またまた握りこぶしに力が入ってしまう自分。

「原因はなんなんですか?」と、眉間に深いしわを刻みながら詰め寄ると、「ラップトップとかデスクトップ使う業種?」と聞かれました(仕事するときはデスクトップで、画面は支柱で支えるタイプのやつ使ってます!)。寝るときの姿勢も(なるべく身体は真っ直ぐに伸ばしてます!)。な~んか首の筋肉に負担がかかるものは、なんでも原因になっちゃうらしいんですね。となれば当然、思い当たることはひとつです。

「スマホの使用は?携帯見るときは首が曲がりっぱなしなんで、もしかしてそれと関係あるのかも」

すると、Cardiel医師はこう言いました。

「実言うと、私もこの神経学の仕事に就いて10年になるけど、この手の症例が激増したのはスマートフォンが普及してからなのよ。論文書かなくっちゃ」

やっぱり…。確かに論文要るよね。「後頭神経痛 スマートフォン」で検索したら、ハンドヘルド端末で首に負担がかかると警告する最近の論文が地方紙スーシティ・ジャーナルに出てました。そこで引用されていたのがこの論文で、なんでも頭を前に60度傾けると、脊柱の一番上と周辺の筋肉にかかる圧力は27kg増えるんだそうな! それだけの重みがかかって傷まないわけがないよね!


150622smartphone_occipital_nerve_a.jpg

15度で12kg、30度で18kg、45度で22kg、60度で27kgの負担。Image on Surgery Technology International via WP


そのジャーナルには、Jeremy Poulsen麻酔専門医のこんな談話が紹介されてました。「本好きな人には昔からある症状です」、「筋肉に神経が引っ張られ続けると、後頭神経痛になるんです。頭痛なんですけど、かなり悲惨ですよ」

まったくです。悲惨なんてもんじゃないよこれ!

でもスマホ症候群と原因がわかったところで、どうすりゃいいのって思っちゃいますよね。読むのは仕事だし。SimCity BuildItみたいな中毒型ゲームはやめちゃえば済む話だけど、出先でどうしてもメールに返事書かなきゃならないこともあるし。携帯を目の高さに構えればいいって言ってる医師もいますが…。


150622smartphone_occipital_nerve_b.jpg

医師が推奨するスマホの正しい構え方 (c) Cleveland Cllinic


ちょっと人前でやるには勇気が…。

幸い、後頭神経痛を止める方法はありました(治療じゃないけど)。Google検索しながら有益な会話を終えると、Cardiel医師は注射を6本ぐらい用意して、そこにステロイドと鎮痛剤を入れ、こう静かに説明しました。今から首から上の神経にこれを注射します。後頭部はなんにも感じなくなるけど、神経に薬が回れば、その頭痛の元になるシグナルは消えるから大丈夫よ―。

これが痛いのなんのって、20回ぐらい注射された辺りでほぼ気を失いかけてゾッとしました。診察台で普通になったところで、1日経てば気分は回復するから大丈夫よって言われました(実際1日で良くなった)。でも本当に頭痛を止めたかったら、頭は真っ直ぐに保たなきゃダメよ、とも。もらってきたパンフレットには、首の凝りをほぐす方法としてヨガとマッサージが推奨されてました。どっちも注射よりは百倍いいですよね。

いやま~しかし、こんなことが一度あると、スマホはもう二度と同じ目では見れないです。見ないように心がけないと。年々テクノロジーに依存する度合いは増すばかりで、使い方を考える余裕は減るばかりだったので、そのツケですね。何週間か前にSploidでスマホ中毒のこと笑うアニメgif(下)見た時には大声出して笑ったんだけど、今は笑えない自分がいます。




2ヶ月経ったら診察室に戻って、また頭に注射針ブスブス立てられてくる予定です。がんじゃなくてホッとした反面、これからスマホの習慣変えること考えると茨の道だ…。頭痛は嫌だけど、スマホ抜きの暮らしなんて考えられなくなってますからねぇ…。


iamge by Tara Jacoby

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(satomi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア