イスラム国が自撮り投稿→22時間で米軍JDAMが飛んできて破壊

150608selfieattack.jpg

恥ずかしい自撮りネットに公開して後悔って誰でもありますけど、まさか米軍から爆弾飛んでくるとは誰も思いませんよね。そのまさかがイスラム国で起こりました。

イスラム国戦闘員が秘密本部で自撮りを撮ってSNSに投稿したら、それが米空軍諜報員の目に留まり、22時間後にはJDAMの誘導装置を装着した爆弾が3個飛んできてビルごと吹っ飛んでしまったのです。ようこそ、21世紀。

SNS情報を手がかりにISISのターゲットを爆破した件について、空軍航空戦闘軍団(ACC)のHawk Carlisle司令官は月曜アーリントンでこのように語りました。

空軍兵士がSNSをザーッと読んでいたら、この司令本部に立って写ってるマヌケな男がいた。ソーシャルメディアやオープンフォーラムでDa’esh(ISILのこと)の指揮統制能力を自慢していたので、「あー中の人間か」となった。

で、ちょっと調べて、早い話が22時間後、そのビルにJDAMSを3つ貫通させて爆破したのである。ソーシャルメディア経由でね。ソーシャルメディアの投稿ひとつで、22時間後には爆弾がオン・ターゲット。

こんなことができるとは未だに信じられない。

イスラム国もご存知のとおり戦闘員募集にはSNS活用してますよね。今やツイッターなどを介してリーチできる人口は約20万人で、約3,400人の若者を西欧からリクルートしているとされます(エアフォース・タイムズとCNNの情報)。

でもイスラム国戦闘員予備軍だけじゃなく、こうして米空軍も手がかりになる写真求めて常時目を光らせているんですね…。

本日の教訓=情報はネットに出したが最後、取り返しはつかない。

Top image via Wikimedia

source: Air Force Times

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(satomi)