いよいよ始まる地下鉄の24時間運行…ロンドン交通局が詳細を発表

2015.06.24 11:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

141013subwaymap5.jpg


東京でも始めてほしいんだけどな~。

夜の12時を過ぎると、地下鉄の営業は終了してしまうので、タクシーか夜間バスを利用するしかなかったロンドン。しかしながら、今年の9月12日より、週末限定ではありますが24時間運行がスタートする路線の詳細が明らかになっていますよ。

ロンドン交通局(TfL)は当初から、ピカデリー線(Piccadilly Line)、ビクトリア線(Victoria Line)、セントラル線(Central Line)、ジュビリー線(Jubilee Line)、ノーザン線(Northern Line)における24時間運行計画を発表済みでした。とはいえ、その実施駅運行間隔などは、かなり限られたものになるとの予測も出回っていたようですね。

しかしながら、新たに実施が発表された24時間運行路線の詳細情報では、ビクトリア線とジュビリー線の全駅が運行対象に。ほかの路線でも、大半の駅が24時間運行の対象になっているほか、なによりも深夜早朝でも10分未満の運行間隔で、ほとんど駅で待たされることなくスムーズな地下鉄での移動が可能になることが判明したのです!


この24時間運行計画で、より多くの利用者層の利便性が拡大し、ロンドンの夜の経済大幅な活性化に寄与するものとなるだろう。また、一般市民、企業、観光客のすべてにとって、さらにロンドンの魅力が高まる効果も期待されている。


24時間運行路線の詳細を発表するにあたり、ロンドン交通局の広報担当者は、こんなふうに語っていますよ。深夜早朝に運行する「Night Tube」とよばれる地下鉄の導入により、2000人にのぼる新規雇用の機会が生まれるほか、英国の首都ロンドンには3億6000万ポンド(約700億円)規模の経済効果がもたらされるとの試算まで公開されています。これまでタクシーやバスを利用するしかなかったのに、夜中でも市内の移動時間は地下鉄で短縮され、ヒースロー国際空港へのアクセスも週末は大いに向上することが歓迎されているようですね。

ロンドン交通局は、今後も続々と24時間運行の対象路線を段階的に拡大していく方針まで明らかにしています。24時間眠らない街には賛否両論あるにせよ、いずれは平日にも24時間運行サービスがスタートしたりするやもしれません。そうなると、終電の縛りなく仕事に追われる悪夢も懸念されはしますけど、やはり東京都交通局(都営地下鉄)と東京メトロにも検討を願いたいところではありますよね……。


source: Huffington Post

(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア