テスラの次世代モデルは400万円台! セダンに加えクロスオーバーも登場予定

テスラの次世代モデルは400万円台! セダンに加えクロスオーバーも登場予定 1
Tesla MODEL S

電気自動車の爆発的普及を目指す?

1000万円近くする未来のクルマ「テスラ モデルS」。たまに見かけるとそのかっこよさにうっとりする一方、とても買えない値段なのも事実です。でもそのテスラが現在開発中の次世代プラットフォームを使った新型「モデル3」は市場から非常に期待されています。というのも400万円台での発売を計画しているからなんです。

テスラのCTOジェービー・ストローベル氏が語ったところによると、現在開発中のモデル3は35,000ドル(約430万円)2017年頃の発売に向け開発を進めているそう。

そしてこのモデル3はバッテリー技術に長けたテスラらしく航続可能距離約320kmを計画しており、乗用車として十分に実用的といえるレベルです。このバッテリー性能も価格も、ここ数年で技術が進歩し、バッテリーにかけるコストが減る見込みがあるから提供可能とのことなんですね。

テスラの次世代モデルは400万円台! セダンに加えクロスオーバーも登場予定 2
Tesla MODEL X

また今回明らかになったところだと、従来より話のあったセダンだけでなく、近年人気の高いクロスオーバーモデルも登場予定なんですね。テスラのクロスーオーバーというと今年後半に発売予定のSUV「モデルX」が思い浮かぶ方も多いでしょう。あの特徴的なガルウィングドアは搭載されないかもしれませんが、クロスオーバーというだけでワクワクしてしまう人もいるのではないでしょうか。

高級モデルだけではなくみんなが乗れるモデルを用意しようという姿勢からは、テスラが本気で電気自動車を広めようとしていることがわかるような気がします。

電気自動車の出始めだった第1ステージから、モデルSやXなどのちょっと高級な未来の車を作る第2ステージ。そしていよいよ2017年からは電気自動車界を牽引する存在になるべく第3ステージに突入する算段なんでしょうか。「モデル3」はまさにそのキーになるかもしれませんね。

source:  Business InsiderTesla Motors

(小山和之)