今日やっとアップルが追いついたものまとめ #WWDC2015

150608nios9multi.jpg
やっとSurfaceに追いついたね

今日の発表で「それって○○がとっくの昔にやってるじゃん!」となったモーメントをまとめてどうぞ。

やっと画面分割

iPadでやっとマルチタスキングが可能になりました。これからはWindows 8みたいに画面分割して右と左に別々のアプリを表示したり分割比を7:3にも変更できるし、Windows 8みたいにアプリをドラッグできます。どれもWin 8が2012年からやってることですけど、これで「iPadは画面分割できないから仕事で使えない」なんて言ってるSurface派を黙らせることができますね! 噂のiPad Proがくる前兆かも!

Siriもやっと賢く

新しくなったSiriはマイクロソフトのCortanaとGoogle Nowの掛け合わせ。Proactiveはアドレス帳やメールをザーッと調べて必要な情報をピックして対応する積極派で、リマインダも強化され、現在地に応じてアプリをおすすめしてくれるようになりました。

乗り換え表示をやっと追加

Apple Mapsにもついに、電車、バス、地下鉄の乗換情報がきました。ま、カバーエリアは当初、世界たったの20都市ですが。Googleみたいなストビューはまだないけど、正しい方向に1歩前進ですね!

「News」アプリまで登場

みんな説明が面倒だから「Flipboardみたいなアプリ」って呼んでしまってますが、本日発表の「News」はCNN、タイム、ワイヤード、BuzzFeed、The Vergeなど報道機関のニュースを表示するアップル製アプリです。Flipboardみたいに、きれいなアニメーションで、記事間の移動もスムーズで、ウェブの動画もインラインで表示できます。Flipboardみたいに、お気に入りを作成すると、好きな記事の傾向を学習して表示します。

Safariがタブ固定化と音出しタブ判別にやっと対応

大事なサイトはピン止め、音がうるさいタブはピンポイントで音消し。両方ともChromeに前からある機能ですが、Safariでもやっと実装されました。OS Xも、2009年からWindows 7がやってるみたいな画面分割がようやくきましたよ。

「Apple Music」がやっと登場

そして本日WWDC最大の目玉がコレ、楽曲ストリーミングサービス! いよいよ来るものが来たかーという感じで、競合他社悲鳴というか2ワードが聞こえますねえ…。iTunesも重くなってきて、ちょっと最近はRdioとSpotifyに押され気味。Beatsも買収したことだしリブランディングするなら今しかない!ってなわけで、BBCラジオ1からDJのZane Loweをヘッドに起用して、24時間365日のラジオ局「Beats1」を開局です。BBCでは新しい音の紹介と大物インタビューで人気を得たLowe。デモでは、BBCラジオ1とそっくりそのままやってるところが紹介されました。きっと笛吹き男のように若者を呼びこむんでしょう。

Appleが競合他社をコピーするのは今年が初めてではないけれど、「それがイベントのメインテーマになったのはたぶん今回が初めてではないか」とネタ元のThe Vergeは締めてますよ。確かにもっとイノベーションが見たかった…。

アップルストアが落ちないのもアレ?でしたけど、今日はギズもライブブログより「Windows 10で消える7機能」が記事ランキングが上だったりして…読者は正直…。秋こそはiPhone、iPad、Apple TVで巻き返してくれることに期待しましょ~。

source: The Verge

(satomi)