テイラー・スウィフトがApple Music無料期間に抗議→アップル副社長「払うよ」

150622taylorswiftappleletter.jpg

無料お試しの3カ月はフェアじゃないというテイラーの声は、アップルに届いていました。

アップルのストリーミングサービスApple Musicでは、テイラー・スウィフトさんの新アルバム「1989」は提供されません。その理由について、自身のTumblrにて「To Apple, Love Taylor」というタイトルで、アップルへ向けた手紙を公開したテイラーさん。手紙の内容は、主にApple Musicが提供する最初3カ月の無料お試し期間に対しての抗議でした。

無料期間中は、サービスからアーティスト、プロデューサー、作詞家などへの報酬は払われないという仕組みにふれ「支払いがない期間が3カ月というのは長過ぎる。誰に対しても、対価なしで働けというのはフェアじゃない」と非難。が、その声はきちんとアップルに届いていました。

アップルの上級副社長エディー・キュー氏が、自身のツイッターにてテイラーさんの手紙に対する返信をポストしました。

「アップルは、アーティストにいつもきちんと支払されるよう対処する。#iTunes #AppleMusic」

「#AppleMusicは、ストリーミングに対してアーティストに支払する。それは、ユーザーの無料トライアル期間中でも同じこと」

「言い分はわかります、@taylorswift13 & インディーズアーティストのみなさん。Love, Apple」

ということで、一件落着の様子。

抗議文を発表したテイラーさんですが、自身に金銭が支払われないことに腹をたてたわけではありません。業界全体、特に若いアーティストにとってツライことになるとして声をあげたのです。手紙の一部で、以下のように書かれていることからも、その思いが伝わります。

「初めてのシングルをリリースし、その成功に対する報酬が得られない新人アーティストやバンドにとって問題。歌を世に出し、やっとその著作権で今までの負債から抜け出せると思っていた若い作詞家にとって問題。業界のパイオニアであるアップルのクリエイターやイノベーターと同じく、休むことなく新しいものを生み出し続けるプロデューサーにとって問題。1年の4分の1、関わった曲に対して、彼らにその対価が支払われないのよ」

声をあげたかいがあったってものですね。

source: Taylor Swift TumblrTwitter

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(そうこ)