人類抹殺ロボが来る日は遠い。DARPAのコンテストで最新ロボットがバタバタ倒れる動画

2015.06.11 17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「DARPA」こと米国防高等研究計画局が主催する災害救助用ロボットのコンテスト、「DARPAロボティクス・チャレンジ」が先日行われました。最新技術を駆使して作られたロボットたちが多数出てくるいたって真面目なコンテストですが、参加するロボットたちがこけちゃう様子をまとめた動画が出ています。

「DARPAは4足ロボット「Cheetah」とかにも出資してるし、きっといつの日にか戦争に使えるシュワちゃんそっくりのロボットとか作っちゃうに違いない。そしたらきっとそれが反乱とかして、人間はロボットにやられちゃうんだ…」なんて恐怖に震えて眠れない夜を過ごしている方はこれを見ればぐっすり寝られることでしょう。



「ベスト・キッド」的な動きのできるAtlas系統のロボットも精神統一ができなかったのかずっこけていますね。日本から参戦したHRP-2が転倒してイングラム耳型の部品がズコーンと吹っ飛んでしまう様子も写っちゃってます。その後の様子なのか、ロボティクス・チャレンジのサイトからは頭部の外装を外した状態で頑張っているHRP-2の勇姿が確認できます。

「コケっぷりのいいあのロボットがどのチームのなのか気になる! 」という方は、ロボティクス・チャレンジ公式サイトのチームリストでご確認できます。


Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文
(abcxyz)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ターミネーター2 シリーズ1 T-800 エンドスケルトン
  • NECA
  • ターミネーター: 新起動 ジェニシス/ 7インチ アクションフィギュア: 2種セット [日本正規品]
  • ネカ
・関連メディア