4年前グーグルが一億ドルを積んで残ってもらった男がDropboxへ移籍

2015.06.10 23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

google-executive-neal-mohan-e1433789110836.jpg


テック業界の人材争奪戦は熱い。

テック業界各社はそれぞれ優秀な人材を多く抱えており、その人材の争奪合戦が日々繰り広げられています。その中で、かなりの大物が今回グーグルからDropboxに引き抜かれたようなんです。

彼の名前はNeal Mohan。別名1億ドル(約125億円)の男ともよばれています。というのも彼は今回のDropboxへの引き抜き以前にも、Twitterへ引き抜かれるという話が出ていました。

それを察知したグーグルは、彼に対して1億ドルのストックオプションを用意しグーグルに残るように提案したとのことなんです。もちろん優秀な人材であることは間違いないのでしょうが、1人の人材に1億ドルとはさすがグーグル。我々の考えることとはスケールが違います。

この1億ドルの話が流れたのがちょうど4年前。その後さらにいい条件のオファーをDropboxが提案したのか、それともグーグルに嫌気が差したのかは定かではありませんが、Dropboxではプロダクト部門のトップのポジションに就くとのこと。

Mohan氏はグーグルでディスプレイ・動画広告のVPでしたが、今回の転職先Dropboxは広告を一切扱わない数少ない会社です。広告での知見を他の形で活かすことになるのか。それとも実はDropboxが広告に携わる計画があるのか。

そのあたりはまったくわからないところですが、Dropboxは現在IPOも視野に更にサービスを拡大する用意をしているとのこと。その拡大にあたって、おそらくは彼の力が活きてくるのでしょう。

優秀な人材にはリソースを惜しまない姿勢はテック業界ならではといったところですね。


image by Re/code

source: Business Insider , Re/code


(小山和之)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google Chromecast ( Wi-Fi経由 テレビ接続 ストリーミング / HDMI / 802.11b/g/n / 1080p ) GA3A00035A16
  • Google
・関連メディア