高級コンパクトをリプレイスする? 1インチセンサー内蔵のアタッチメントカメラ

150622-dxoone.JPG

iPhoneを最強のカメラに。

ポケットに入る高画質」と最近人気の高級コンパクトカメラ。このジャンルを席巻するかもしれないカメラが、RAW現像ソフトメーカーとして有名なDxOから登場してきました。

それが「DxO ONE」です。2,020万画素の1インチサイズCMOSセンサーに、32mm/F1.8という明るいレンズを搭載しています。スペック的には高級コンパクトで人気のRX100シリーズと同等のセンサーを搭載し、明るい単焦点レンズによって一眼レフのような背景をぼかした撮影も可能です。

このカメラの特徴的な点は、側面にLightning端子を持ちiOSデバイスと接続して使用すること。ジャンルとしては、無線で接続して使うレンズスタイルカメラあたりと同じ立ち位置になるのかもしれません。

150622-dxoone2.JPG

ただ、この「DxO ONE」は直接接続することを前提に作られており、フットプリントはiPhoneの半分程と小型。形も構えることを前提にデザインされているのが分かります。

ホームページ内のムービーではDxO ONEを接続すればすぐに専用アプリが立ち上がり、撮影しようと思ってから撮るまでのプロセスも自然です。こういったデバイスにありがちな接続にまごつくこともなさそうですね。

また画像はRAWデータで保存でき、4枚の画像を合成して高精細なRAWデータを生成するSuperRAWモードも搭載。期間限定ながら同社のハイクオリティRAW現像ソフト「DxO Optics Pro」とフィルムシミュレーションパックの「DxO FilmPack」も同梱されるとのことで、これだけでもかなり魅力的。

撮影画像はiPhone内でもカメラ内のSDでもどちらにも保存可能で、シェアするのも容易。バッテリーも内蔵しているのでiPhoneのバッテリー寿命を著しく短くするといったこともなさそうです。

DxO ONEは現在プレオーダー中で、価格が7万9900円。高級コンパクトカメラを買ったと思っても中々に高いんじゃない? というのが正直な意見でしょうかね。ただOpticsProとFiilmPackは合わせて3万円以上するソフトなので、これがついていることを考えれば悪くないでしょう。

ただソフトが付属するのは期間限定なので、興味ある方はプレオーダーで頼んだ方がよさそうですね。

source: DxO ONE

(小山和之)