デジタルネイチャー時代の鬼才・落合陽一さんの新プロジェクト「Fairy Lights in Femtoseconds」がまさに魔法

150626fairylight_top.jpg

もはやメディアアートと呼ぶだけでは足りない。

人間、自然、デジタルリソース(コンピューター)がシームレスにつながり合う世界観「デジタルネイチャー」を提唱する、メディアアーティスト・筑波大学助教の落合陽一さん

ギズモードは以前、彼の音響浮揚を使った指向性スピーカー「Pixie Dust」についてインタビューしました。

このインタビューの中でちらっとこんなことを予告したの、覚えてますか…?

近々、光を使った新しい研究も公開されるとか。この技術を使えば、今までのようにタッチパネルを設置しなくとも、空中に入力インターフェースを置くことや、触れる映像を作ることも可能。まさにサイエンス・フィクションが現実になろうとしています…。

そしてつい先日、こんな動画が公開されました。タイトルは「Fairy Lights in Femtoseconds」。

空中をくるくると回転する光の粒。指先で触れると、より明るく発光して形が変わります。光の粒の隊列は、ティンカーベルやSIGGRAPH(世界的なCGの学会)のロゴマーク、ハートなど、どんな形もつくれるみたいです。

150626fairylight1.jpg

中でも驚いたのは、動画00:25あたりからの正方形をタッチするとチェックが入るもの。空中にチェックボックスができてる、ってことです!

150626fairylight2.jpg
焦点に集中させたレーザーによるプラズマの発光

どういう仕組みなのか、光っている部分だけざっくり言うと、高強度のレーザー光を空気中に集中して照射し、プラズマを発生させているんです。光の粒は、プラズマが瞬間かつ連続的に発光している結果というわけです。

レーザーに触るって痛くないの?って思うかもしれませんが、落合さんの研究チームの論文によると、「Fairy Lights in Femtoseconds」は名前のとおり、Femtoseconds(=フェムト秒:1000兆分の1秒)スケールの非常に短いパルスレーザーなので安全だそうですよ。

空中に浮く3Dディスプレイ、触れる光。テクノロジーがどんどん見えなくなって、落合さんの言葉どおり「自然」になっていきますね。「Fairy Lights in Femtoseconds」の詳しい解説動画などはプロジェクトページからご覧ください。

source: Digital Nature Group

(斎藤真琴)