知る人ぞ知るGmailの「送信取り消し」がついに正式サービスに

150623gm00.jpg

やっぱ無しよ。

ができるんです。Gmailは送信したメールを取り消すことができる「送信取り消し」機能を正式機能として追加しました。この機能を有効にすることで、送信後5秒〜30秒以内のメールであれば送信を取り消すことができます。

150623gm01.jpg

設定方法は、Gmailの受信トレイ画面で「設定」アイコン→「設定」とクリック。全般メニューにある「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを入れて、取り消し可能な秒数を設定。その後画面下部の「設定を保存」をクリックすればOK。

150623gm02.jpg

メールの間違いや添付忘れなどに気がついた時は、送信通知欄にある「取消」をクリック。設定した時間無いであれば、やっぱ無しよ。となります。

実はかなり以前から「Labs」にはあった開発中の機能だったのですが、ようやく正式サービスへ格上げされたわけですね。送信してから、やっ!ちょ…待って今のナシ!! と悶えた記憶がある方はぜひとも設定しておきましょう。

現在はWeb版限定の機能ですが、そのうちスマホなどでも使えるといいなぁ。スマホを振って取消?とか。

source: VentureBeat NewsGmail(日本語での設定方法)

(小暮ひさのり)