新しいGoogle Nowは、Androidに乗り換える十分な理由となりうる

新しいGoogle Nowは、Androidに乗り換える十分な理由となりうる 1

iOSAndroidは両極とも言える存在です。クローズドとオープン優れたデザイン性と自由なカスタマイズ。この数年間熾烈な戦いを繰り広げた両者でしたが、Google I/O 2015をもってその情勢は大きく動きました。結論を急げば、Google Now on Tapをもって、AndroidはiOSより優位に立ったと言えます。

Google Nowがいかに便利かは、いまさら説明するまでもありません。アップデートの度に良くなってきましたが、先日の発表はそれをさらに揺るぎないものとしました。それこそがNow on Tapです。

想像してください。ホームボタンを押すだけで何でもわかる世界を。メールにレストランの名前があるだけで、そこの住所や電話番号、メニューが瞬時にわかる快適さを。読み方や意味のわからない単語だってもう怖くありません。音声検索を起動すれば、意味はもちろん正しい発音だって学べます。スマホで偶然聞いた曲の歌手名がわからなくても、すぐにフルネームを教えてくれます。

これらがすべて、ホームボタンを押すだけで実現するのです。

ここ数年、両者の違いは徐々に曖昧になっていました。iPhone 6はNFCを搭載し、iOS 8はサードパーティ製のキーボードも導入しました。これらは長年、Androidの専売特許だったはずです。反対にAndroid Mでは、主に端末のロック解除とAndroid Payに用いると考えられる、指紋認証が導入されるという発表もありました。言うまでもなく、これはiPhoneの得意分野でしたよね。

しかしGoogle Nowは違います。これだけはアップルに真似できない。検索の巨人、グーグルにしかできないサービスなのです。

以前もご紹介したように、Google Now on Tapはとても刺激的な内容です。それに気付いているのは他ならぬアップルであり、彼らは独自のGoogle Nowとして「Spotlight」の強化版をiOS 9に搭載するという噂もあります。

しかしいくらアップルの技術力が高いといえ、検索において一朝一夕でグーグルに追いつけるとは思えません。SiriのAPIが公開されても、iOS以外でそれが使えるようになるのははるか先でしょう。マイクロソフトのCortanaはもちろん期待できるプロジェクトです。しかし彼らはそれどころではない。Windows Phoneの遅れを取り戻すためにも、CortanaをiOSやAndroidで利用できるようにすること、それに新しいブラウザであるSpartanに資源を集中すると考えられます。

Google Now on Tapはまだデモ段階です。過剰な期待は良くないかもしれませんが、Android Mがリリースされる今秋にはもっとすばらしいものになっている可能性もあります。少なくともAndroid Mは(「M」はマカデミア・ナッツ・クッキーだという噂もありますが)、Androidの歴史にとって大きな意味を持つことでしょう。

Google Now、そしてNow on Tapは、長年のライバルであるiOSとの最大の差別化要因と言えます。それはAndroidに強烈な独自性をもたらすでしょう。そう、Androidだけに。

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)