なんと、iOS 9では広告ブロック機能の実装が可能に

150615nsafariad.jpg

どんな形で実装されるんだろう?

Mac版のSafariでは使えたものの、iOSのSafariではまともに使えなかった広告ブロック機能。これがiOS 9ではだいぶ改善され、拡張機能としてコンテンツブロッカーが導入できるようになりました。

このコンテンツブロッカーを利用すると、画像やスクリプトなど広告コンテンツがSafariに読み込まれるのを防ぐことができます。これがうまく動作すれば、無駄な通信が減ってSafariが軽くなり、バッテリー消費も減って言うことなしって感じです。

でもちょっと不思議なんですが、アップルが新しく導入した「NEWSアプリ」の広告にはコンテンツブロッカーは適応されず、Safariにだけ適応されるんですよね。これって他社の広告つぶしなのかな…なんて勘ぐってしまったりもして。

ただし、これはベータ版で発見された機能ですのでiOS 9の正式リリースで搭載されるかのどうかは不明です。個人的にはニュースを読んでいる時にいきなり登場するエッチな広告だけでもブロックして欲しいところですが…。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)