iOS 9の省エネモードはCPU性能が40%ダウン

150626cpu40.jpg

4割低下、3時間増加。

iOS 9にはバッテリー低下時に消費電力を減らす「ローバッテリーモード」が追加されます。これによってバッテリーが最大3時間ほど延長できると発表されましたが、このときにはCPUパフォーマンスが約40%ほど低下するようです。

MacRumorsによりますと、iPhone 6 Plusでの「Geekbench 3」のベンチマーク結果はシングルコアで「1,606」→「1,019」へ低下。マルチコアで「2,891」→「1,751」へと低下しています。また、iPhone 5sでも同様の比率で低下したとのこと。

150626ios9k01.jpg

ローバッテリーモードは、バッテリー残量が10%または20%のときに起動。CPUのパフォーマンスがダウンするほか、メールのチェック、アプリのバックグラウンド更新、モーションエフェクト、および壁紙のアニメーション効果が無効化されるようです。

これらのエナジーセーブが働いたときの操作感が気になります。そして同時にiOSでバッテリー消費を抑える効果的な設定を教えられたような…そんな気も。やっぱりエフェクト類ってパワー使うんですね。

Top image by Attila Fodemesi / Shutterstock.com

source: MacRumors

(小暮ひさのり)