iPhone 6sのアルミボディは新素材でより強靭に?

iPhone 6sのアルミボディは新素材でより強靭に? 1

質感は変わるのかな?

KGI証券のミンチー・クオさんが次期iPhoneのボディ部品にApple Watchと同じ7000シリーズアルミニウムが採用されるとレポートを出して約1ヶ月、それを証拠付けるような動きが報じられています。

アップル製品の金属シャーシを製造しているCatcher Technologiesが、次の第4四半期は「新製品の大きな注文」により財務状況が大きく向上するだろうと表明しているんです。さらに、同社CEOのAllen Horngさんは「今年の第4四半期(10月~12月)は大きな収入の向上が見込める」とも語っています。今年後半に登場する新製品…これって新型iPhoneのことなんじゃないんでしょうか!?

またAllen Horngさん同社の顧客の一人に新たなスマートフォン製品に関して、「新たな素材の加工は難しい…でも、近い将来問題は解決されるでしょう」と語ったそうです。うーん、かなり濃厚に新型iPhoneであることを匂わせていますね。

なお、この7000シリーズのアルミニウムは従来のアルミニウムに比べて60%強靭であるとも伝えられています。iPhoneがどんどん薄型化する中、素材を変えることで本体強度の向上を図るのはごく自然な流れ。もうこれで、iPhone 6s Plusがポケットの中で曲がるのを心配しなくて良くなるかもしれませんよ。

source: gforgames

(塚本直樹)