だれもがスマホの便利さを享受できる第一歩。視覚障がい者がiPhone操作を学べるアプリ

150605softbank_iphone01.jpg

だれもがiPhoneの便利さを享受できる、その一歩に。

ソフトバンクモバイルが、iPhone向けアプリ「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」を提供開始しました。iOSには、画面に表示されている項目を音声で読み上げる視覚サポート機能アクセサビリティ機能「VoiceOver」がもともと用意されていますが、これはその活用方法を学習できるものという位置づけです。

タッチパネルの範囲やホームボタンの位置などのiPhoneの構造を理解できるレッスンから、Siriの利用方法、VoiceOverを活用した基本的なジェスチャー練習、電話の発着信や文字入力などの応用練習まで、ナレーションを聞きながら学習できます。なお、感覚がつかめるようになるまでは、視覚障がい者でない方と一緒に学習することが推奨されています。

無料で利用可能で、対応機種はiOS 8以降のiPhone 5、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 6、iPhone 6 Plus。AppStoreのリンクはこちらです。

開発にあたっては、iPhoneを使いこなしている視覚障がい者、iPhoneの使用経験がない視覚障がい者や専門家などの意見を取り入れているとのこと。あまねくひとにスマホの便利さを享受してもらおうというソフトバンクの姿勢、いいですね!

source: 視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone | ソフトバンク

(松葉信彦)