音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー

音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー 1

大好きな音楽をみんなとシェア

今年に入ってよく耳にする「音楽配信サービス」という言葉。海外発のSpotifyや、新しい音楽との出会いを中心とする「AWA」、WWDCではOne more thingとして発表された「Apple Music」。そして先日、新たに「LINE MUSIC」がリリースされました。

音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー 2

「LINE MUSIC」は先立って公開されている音楽配信サービスと同じく、決められた料金を支払えば、数百〜数千万曲ある音楽が聞き放題になるサブスプリクション型のサービスです。

数ある音楽配信サービスの中で重視されるのはやはり、楽曲配信数。「LINE MUSIC」は国内外の人気アーティストの楽曲を150万曲以上取り揃えており、年内には500万曲に増える予定です。

今回はそんな「LINE MUSIC」は一体どんなサービスなのかを紐解いて紹介してみようと思います。ここみれば完璧かもー?

■楽曲と出会う

音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー 3

「LINE MUSIC」はインターネット上の音楽ライブラリから聴きたい曲を検索し、聴き放題で音楽を楽しむサービスです。配信されている楽曲の傾向としてはかなり邦楽に強い印象を受けました。

楽曲検索は、「キーワードで検索」「テーマやジャンルで検索する方法」「LINE MUSICがピックアップするオススメ楽曲から探す」の3つが主に「LINE MUSIC」での音楽を探す方法です。

音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー 4

通常検索ではキーワードを入れると、「ベストマッチング」「ソング」「アーティスト」「アルバム」から楽曲検索を行います。精度はまぁまぁといった感じです。「AKB」と検索してもヒットはなく、「AKB48」と検索をするとヒットするなど、この辺りは今後改善されて欲しい部分ではあります。

音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー 5

テーマ&ジャンル」では「キモチ」などの感情系のプレイリストや、イベントやシーンに合わせてのリストがあったり、POP、アニメ、歌謡曲などジャンルのプレイリストが公開されています。

「wktk」や「ツンデレソング」など少し変わったプレイリストが公開されているのも「LINE MUSIC」ならではかもしれません。

音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー 6

続いて「トピック」では、「LINE MUSIC」が提供する、最新のプレイリストや、ユーザーの再生数や、シェア数のランキング、LINEの友人がよく聞いている音楽などが表示される「フレンズ・チョイス機能」など、新しい音楽との出会いをプッシュしたような機能になっています。

■音楽をシェアする

音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー 7

「LINE MUSIC」の特徴と言えば音楽を「シェア」すること。「LINE MUSIC」で気に入った楽曲があれば、LINEのトークやタイムラインに曲を送ることができます。シェアをするとトーク画面上で聞くことができ、個人でも複数人で音楽を楽しむことができるようになります。

LINEのトーク画面からも直接曲をシェアすることも可能で、同じ音楽を聞きながら会話をするなど、様々な使い方で音楽を楽しむことができます。

音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー 8

ただし、トーク画面での音楽再生は早送りや巻き戻しといった機能がなく、トーク画面を閉じると再生も止まってしまうので、曲をバックグラウンドで聴きたいという時は「LINE MUSIC」を起動して曲を再生すれば問題なく音楽を楽しむことができます。

曲を選んでシェアしていく様子は、他のアプリにはない新しさを感じました。今後スタンプではなく「今こんな気持ちだよ!」と音楽が感情として飛び交うシーンが増えてくるかもしれませんね。

■楽曲の音質

「LINE MUSIC」では音質を変えることによって通信料を抑えることが可能です。それぞれ64kbps、192kbps、320kbpsの3つの音質で音楽を楽しむことができ、通信環境に応じて自動的に音質を変更するモードも搭載されています。

また一度再生した曲はキャッシュが残り、同じ楽曲を繰り返し再生する場合も通信料を気にせず楽しむことができますね。毎月通信料に悩まされている方には嬉しい機能ですね。

オフラインでの再生ができないので、キャッシュが残っていてもネットに繋がっていない場合は音楽を再生することができないので注意が必要です。

■利用料金

音楽と人がつながるラインが見えた…! LINE MUSICハンズオンレビュー 9

「LINE MUSIC」は先述の通り、サブスプリクション型の音楽配信サービスです。「LINE MUSIC」の料金設定は「チケット」で管理され、2つのプランで楽曲を楽しむことができます。

価格が500円ベーシックプランは、30日間の有効期限で、20時間音楽が聴き放題になるプランです。もし30日間の中で、20時間を超えてしまった場合は追加で10時間300円で購入することが可能です。価格が1000円プレミアムプラン30日間、時間無制限で音楽を楽しむことができます。

さらに「LINE MUSIC」には学割プランが用意されており、アプリから生年月日と在学中の学校名の登録をすると、ベーシックプランが300円で、プレミアムプランが600円で購入が可能となります。

以上が「LINE MUSIC」の主な特徴となります。7月にはブラウザ版がリリースされ、パソコンでも「LINE MUSIC」が利用でき、年内に500万曲、2016年には3000万曲以上の配信を目指していくそうです。

「LINE MUSIC」は共有という意味では、数ある音楽サービスの中でも一番優れているように見えました。他のサービスは曲をどんどん聞き流して、新しい音楽を見つけようという提案が多い中、「LINE MUSIC」は楽曲ひとつひとつを大事にし、コミュニケーションへと繋げる機能が満載でした。

音楽を楽しむ新しいカタチを提案してくれそうな気がしています。

現在は8月9日まで、全ての機能を無料で体験できるので気になる方は是非触ってみてくださいね。

source: LINE MUSIC

(長谷憲)