新MacBookのUSB-Cを11倍に拡張するドック

2015.06.10 16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150610usbcowc.jpg


圧倒的な存在感!

新MacBookには、USB-Cポートが1つしか備わっていません。スリムでスタイリッシュなデザインはいいのだけれど、僕はマウスからメモリカードリーダー、ヘッドフォンにLANケーブルまで、いろいろレガシーにつなぎたいものがいっぱいあるんだよね……。

そんなあなたへ、もうこれ以上は必要ないでしょうという太っ腹な拡張ドック「USB-C Dock」が登場してきましたよ。なななんと、基本は1個だったUSB-Cポートを、昔ながらのUSBポートからSDカードリーダー、イーサネットポートにいたるまで、11個の拡張ポートへアップグレードしてくれるんです!


150610usbcowc2.jpg


OWCが今年10月に発売を予定しているUSB-C Dockは、新MacBookにあわせた、ゴールド・シルバー・スペースグレーの3色を用意。コンピューターの充電までできるUSB-Cポートはそのままに、USB-Aポートを4個(そのうち2個はタブレットの充電が可能なハイパワーポート)も搭載します。おまけに、SDカードリーダー、有線LAN接続をサポートするイーサネットポート、4Kの解像度をサポートするHDMI出力ポート、ヘッドフォンからマイクまで接続できるアナログオーディオ入出力ポートなども、すべて備える最強ドックに仕上がっていますよ。

さすがに、これだけの拡張ポートをまかなうためには、USB-C Dockに専用の80W対応のACアダプターが必要となります。ただし、ここからMacBook本体のチャージまで可能なので、ほかに電源ケーブルは不要となりますけどね。USB-C Dockのサイズも仕様も、明らかにデスクトップでの利用を想定しているのでしょう。ドシッと従来のポートいっぱいなコンピューターライクに新MacBookを使いたい人はUSB-C Dockを接続し、モバイル環境ではUSB-C Dockをはずしてスリムに持ち歩くといった使い分けがスマートなんでしょうね~。

なお、OWCは現在、10月の発売を前にして、129ドルの価格にてUSB-C Dockの予約オーダーを受付中。日本円にして1万6000円を下らないという高い販売価格が、やや気になってはしまいます。でも、これ1台ですべてを可能にする夢の拡張ドックとしては、妥当な値段なのかもしれませんよね。


source: OWC

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Apple Magic Mouse MB829J/A
  • アップル
  • Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
  • アップル
・関連メディア