まだ見ぬ、Microsoftのスマートウォッチのデザインはこんな感じ(リーク)

まだ見ぬ、Microsoftのスマートウォッチのデザインはこんな感じ(リーク) 1

今どき、どこのメーカーもスマートウォッチを作るのは当たり前。

アップルも、サムスンも、Motorolaも、ASUSも、その他有象無象のメーカーがつくったスマートウォッチが存在しています。そうそう、マイクロソフト製のスマートウォッチもありました。Microsoft Bandもありましたが、そうMicrosoft Moonrakerの存在が見え隠れしてきました。

Microsoft Moonrakerってなんだっけと思った方も大丈夫、まだ誰も持っていません。このスマートウォッチの画像は、マイクロソフトのデザイナーであるペイ・チ・シェイ氏が、Tumblrにアップし、即刻削除されたリーク画像です(既にシェイ氏のアカウントは削除されています)。

この画像からすると、角に丸みがある四角い普通のデザイン、当然ながらWindowsのメトロUIを彷彿とさせる画面インターフェース。

まだ見ぬ、Microsoftのスマートウォッチのデザインはこんな感じ(リーク) 2

マイクロソフトがノキアの携帯事業を買収した際に、ノキアのMoonrakerの開発は(Microsoft Bandの開発に集中するため)キャンセルされました。しかし去年の「Mobile World Congress (MWC) 2014」では、こっそりと一部の関係者にMoonrakerのプロトタイプが公開されていたらしいのです。

この画像から推測してみるにMoonrakerの機能は、まず電話がかけられて、テキストメッセージやEメールを受信できて、歩数を計測し、ラジオが聞けて、Facebookアプリが動作するようです。またカメラの遠隔操作機能があって、自撮り棒のシャッターコントロールもできるっぽい?

もしこのリーク情報が本物なら、Microsoft Bandよりは使い勝手が良さそうなスマートウォッチプロダクトにみえます。一度は消えてしまったかと思われたMoonrakerですが、どのように復活するのかまたはしないのか、注目どころですね。

まだ見ぬ、Microsoftのスマートウォッチのデザインはこんな感じ(リーク) 3

source: The Verge

Sean Buckley - Gizmodo US[原文

(mayumine)