ソフトバンクモバイル、7月1日より子会社でMVNO事業開始(追記あり)

150630nsoftbankmvno.jpg

MVNOも戦国時代に突入か……?

本日、ソフトバンクモバイルは子会社の事業開始を発表しました。その名も「SBパートナーズ株式会社」。事業開始は7月1日から。SBパートナーズでは、さまざまなパートナー企業と協業し、MVNO事業の推進を行います。

これまでMVNOといえば、NTTドコモの回線の独占状態でした。しかしソフトバンクがそこに乗り込んでくることで、MVNO界が変わるかもしれません。

たとえば、古いソフトバンクのスマートフォンにソフトバンク回線を利用した格安SIMカードを挿せば、音声通話やデータ通信が行えるというわけ。しかも、MVNOの料金は通常のキャリアの料金よりも安いのがウリ。お古のスマートフォンを家族に使わせたり、セカンドマシンとして使うなんてことも、SIMロック解除なしでできるようになるかもしれません。

現時点では、SBパートナーズがMVNO事業者になるという予定はないそうで、あくまでもMVNO事業者にソフトバンクモバイルの回線やソリューションの提供業務を行う会社という位置づけです。

さあ、今年後半はMVNO界が熱くなるかもしれませんね。

(追記 2016.6.30 19:20)

記事公開時、タイトルに「子会社を設立」と表記していましたが、SBパートナーズは既存会社を名称変更した会社ということで、「MVNO事業開始」と変更いたしました。

source: ソフトバンクモバイル

(三浦一紀)