簡単なゲームでお菓子を食べたい衝動をおさえられることが判明

簡単なゲームでお菓子を食べたい衝動をおさえられることが判明 1

意外とすごくシンプルな仕組み。

イギリスのエクセター大学とカーディフ大学の心理学者が開発した、スナックやお菓子を食べないようにするためのゲーム。このゲームが実際に効果的であることが実験で明らかになりました。

ゲームではスクリーン上にさまざまなフルーツや服、食べ物などが映しだされます。プレイヤーはチョコレートやビスケットなど特定のお菓子やスナックをクリックしないことが要求されます。つまりゲームを通して、「スナックやお菓子」と「行動をストップする」動作を関連づけるよう訓練するとのこと。

実験の参加者たちは6ヶ月間にわたり週に4回、このゲームを10分間プレイしつづけました。研究では、お菓子やスナック以外のものを避けるよう訓練したグループと比較し、効果を分析しました。その結果、参加者41人の体重が平均0.7kg、摂取カロリーも1日あたり220kclほど減少。さらに参加者の食生活記録からも、食習慣が改善していることが確認できたそうです。高カロリーな食べ物が好きな程度なども下がっていました。

もちろんまだまだ母体は少なく、長期的な効果があるのかはわかっていません。実験の中心となったNatalia Lawrenceはこの研究は発展途上としたうえで、次のように話しています。

これからもこの訓練アプローチを研究しつづけていく価値はあるでしょう。無料で簡単な方法です。88%の参加者がこれからもこのゲームを続けていきたいと言っています。

こういうシンプルな方法で人間の行動って変えられるものなんですね。自分でも試せそうなのでちょっとやってみたい...。

source: University of Exeter, BBC

(Haruka Mukai)