スティックPCの次はACアダプターPC…Windows 10を搭載して発売

スティックPCの次はACアダプターPC…Windows 10を搭載して発売 1

これが新たなデスクトップPCの形?

どこからどうみても携帯電話などのACチャージャーというデザインの「Quanta Compute Plug」は、れっきとしたWindows 10を搭載するパソコンです! HDMIポートよりテレビやディスプレイに出力し、USB 3.0ポートへマウスやキーボードを接続すれば、バリバリとデスクトップPC仕様でパワフルに活用できるとアナウンスされていますよ。

似たようなコンセプトとしては、すでにテレビのHDMIポートに挿すスティックPCが各メーカーからリリースされてはいます。しかしながら、貧弱な電源供給の課題を抱えるスティック型のPCとは異なり、Quanta Compute Plugは、ACアダプター内蔵で豊富な電源供給体制を確保。先週開催された「COMPUTEX TAIPEI 2015」において、マイクロソフトは、Windows 10のリリースと同時に発売となる製品ラインナップの一環でQuanta Compute Plugを正式に紹介しており、新しい超小型デスクトップPCのスタンダード仕様として普及も目指されるんだとか。

なお、Quanta Compute Plugは、Windows 10の目玉機能となる、音声認識アシスタントの「Cortana」に完全対応。テレビやディスプレイにつないだら、あとはヘッドセットなどから語りかけるだけで、マウスやキーボード操作不要のまま使いこなせるともアピールされているようですね。COMPUTEX TAIPEI 2015では、Quanta Compute Plugのスペックなどの詳細は一切明らかにされませんでしたが、発売価格次第では、ACアダプター一体型PCが今後ブレイクしてくるような展開だってあるのかも~。

source: Tech Radar

Sean Buckley - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)