日焼け止めを使おうね!こどもに教えるためのお人形

痛いよお…って声が聞こえてきそう。

梅雨が過ぎれば海水浴の季節。親が心配して日焼け止めを塗ってほしくても、進んで塗りたがる子どもってあんまりいませんよね。そんなときにこれがあれば、ちょっとは言うこと聞いてくれるかな? そう、日に当たると日焼けするお人形です。

ニベアとブラジルの広告代理店FCB São Pauloが共同で制作したこのお人形。動画ではビーチではしゃぐ子どもたちに配り、実際に使ってもらっています。照りつける太陽の下で箱を開けると、プラスチックが紫外線に反応してお人形はあっという間に真っ赤に。紫外線おそろしや。ここで日焼け止めの出番です! お人形に日焼け止めを塗ると、色が無事に元通りになりましたとさ。

日焼け止めは大事なんだねってことだけでなく、どうやって塗ればいいのかも学べるわけですね。ものすごく試してみたいので、海の家とかで配ってくださいお願いします。

source: Youtube via Fast Company

Andrew Liszewski - Gizmodo Toyland[原文

(Haruka Mukai)