中国版グーグルも自動運転車を準備中?

中国版グーグルも自動運転車を準備中? 1

ちゃんと開発中。

中国版グーグルとも呼ばれる、中国での検索最大手Baidu(百度)は本家の検索最大手グーグルを意識しているんでしょうか。 というのも、同社は現在自動運転車を開発中で、今年後半にはその発表を行うそうなんです。

現在開発中といわれてる自動運転車は、センサーやカメラを用いて周辺の車両や障害物の情報を集め、GPSや交通情報からルートを設定するという機能としては標準的なもの。ただ逆にいえばしっかりと開発を進めている現れでもあります。

この自動運転車では、Baiduはあくまで自動運転のシステムや自動運転に必要なハードウェアのみの開発を行い、自動車メーカーと組んで自動運転車を開発しているとのこと。しかし共同で開発を行う自動車メーカーは明らかになっていません。

ご存知のとおり、自動運転の技術は進んできている一方で、未だ多くの課題が残っています。自動運転車が全米を横断する一方、グーグルの自動運転車が事故を起こしたりもするわけです。

ただ、DeNAが自動運転車の開発を発表したことが表しているように、従来のメーカーやテック系企業だけではない多くの企業がこの技術に関心を寄せているのも事実です。

はたしてBaiduの作る自動運転車はどのようなものか。業界に携わる人は目が離せなさそうです。

image by Gil C / Shutterstock.com

source: BBC

(小山和之)