さすがディズニー。縫い糸から人工筋肉ができるらしい

足をぐるぐる回しながら走るやつとか、ぜひ再現してほしいです。

ディズニーのアトラクションに欠かせないオーディオアニマトロニクス。これは「オーディオ」と「アニメ」と「エレクトロニクス」をかけあわせた言葉で、アトラクションにいるキャラクターのロボット達のことです。ディズニーが目指し続けてきたのはまるで生きているかのような動きの実現。そのためにディズニー・リサーチの研究者は日々研究を重ねてきました。

とはいえ、なめらかにすばやく動き、耐久性にも優れた人工筋肉を開発するのはなかなか難しいそうです。伸びきってしまうことも劣化することもない、そのうえ連続して伸び縮みしても大丈夫。そんな素材を見つけるのはものすごく大変。そんななか、ディズニーは店で買える普通の素材を使って、一歩先ゆく技術を開発しました。導電性の縫い糸を使って人工筋肉を作ることに成功したんです。

さすがディズニー。縫い糸から人工筋肉ができるらしい 1

画像の紐は導電性の縫い糸を繰り返しねじってロープ状にし、それらをよりあわせて作られています。ギターの弦と似てますが、もう少し荒めに編まれているみたい。温めたり冷やしたりすると、それに応じて伸縮したり指が閉じたりする仕組み。上のロボットアームの手首部分をよくみると、ファンが手首部分に3つほど並んでいるのがわかるはず。

ちなみにこの解決方法、安さだけじゃなくて速さも優れてます。制御に必要な力が生成される時間は30ミリ秒以下。これ実は人間よりも速いんだそうです。ということは、いつかディズニーのアトラクションのロボットたちが人間よりも速く力強く動けるようになるのかも。これからのアトラクションの進歩にわくわくが止まりません。がんばれ夢の国。

source: Disney Research

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Haruka Mukai)