ピッチャーの頭部を守れ、カーボンファイバー製の軽量プロテクター

野球で個人的に好きなポジションはキャッチャーなのですが、やはりグラウンドで誰より高いところに1人で立つピッチャーの高揚感といったらたまらんのでしょうね。もちろん、それ相当のストレスもあるのでしょうけれど。投げた後、即座に守備として働かなければなりませんし、強烈なピッチャー返しは恐ろしく、怪我も心配なわけです。

球界では、ピッチャーの頭部をどうやって守るのかが検討されています。かぶっている人を見ることは少ないですが、モコっとしたピッチャー専用キャップもあります。が、見た目がマリオみたいになってしまうので人気はイマヒトツなよう。そこで、考案されたのがピッチャーの頭部を守るカーボンファイバー製のプロテクター

Safer Sports Technologiesという会社が開発したのが、カーボンファイバーとケブラーを使って作られた軽量プロテクター。ピッチャーのキャップの中に入れこんで使うスタイルで、耳元からおでこをカバーします。重さはたったの2オンス(約56g)で、装着しても見た目にも感覚にも気にならない作りになっています。

ピッチャーの頭部を守れ、カーボンファイバー製の軽量プロテクター 1

このプロテクターならば、ピッチャー返しがいかに強烈だろうと、その球のスピード時速94マイル(時速約151km)程度まで防御できます。もちろん衝撃は感じますが、それによってうけるダメージは大きく軽減できるはず。

Safer Sports Technologiesは、メジャーリーグにはまだアプローチしておらず、公式アイテムとして試合で使われているわけではありません。が、現在Kickstarterにてプロジェクトを行なっており、ジュニアからユース向けが1セット60ドル(約7400円)から、プロ仕様のものは80ドル(約9900円)から予約を受け付けています。現時点では米国内発送のみだそう。米国内Kickstarterでの目標金額は5000ドル(約60万円)で、資金調達期限は7月中旬。調達達成すれば、8月には商品発送が予定されています。

プロ、アマ問わず、ピッチャーのみなさんどうでしょう?

大好きなベイスターズの三浦投手、いかがでしょうか?

source: Kickstarter via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)