科学者が解き明かすスイスチーズに穴があく理由

科学者が解き明かすスイスチーズに穴があく理由 1

トムとジェリーに登場する穴があいたチーズ、なんであんなにボコボコ穴が開いてるんだろ?

そんな疑問を科学者たちが解き明かしてくれました。これまで、ミルクの中にいるバクテリアがCO2を発生させた結果として穴があく、という説が信じられてきました。これは1917年にアメリカ人のウィリアム・クラーク氏が提案したもの。新しい研究では、従来の説をくつがえす分析結果がでたそうです。

スイスの農業研究センターAgroscopeの研究者たちは、チーズをつくる原材料であるミルクの中に紛れ込んだ干し草の小さな破片が、チーズに穴を作ることを発見しました。そのため、衛生管理をしっかりして異物を徹底的に排除する最新の供給プロセスでスイスチーズを製造すると、干し草の粒子が不十分になって穴がより小さくなるか、無くなってしまう可能性が高いそう。実際、昔のスイスチーズにはもっと大きな穴がボコボコあいていましたが、ここ10〜15年の間にスイスチーズの穴は小さくなっているみたいです。

穴があいていないスイスチーズはスイスチーズじゃありません。ジェリーもなんとなくガッカリですから…。研究者が推測しているようにチーズの穴がどんどん消えていってしまったら、スイスチーズっぽくなるように干し草と同じような働きをするものを加えたりするようになるのかな?

Image by John Cooper under Creative Commons license

source: Guardian

Jamie Condliffe - Gizmodo US [原文]

(junjun)