ヨーロッパ最大のインフラプロジェクト、ドローンでタイムラプス撮影

インフラ! ドローン! タイムラプス! ささる人にはたまらん動画です。

ヨーロッパで3年間掘って掘ってノンストップで掘り続けたトンネルが、ついに完成。このトンネル工事はヨーロッパ最大のインフラプロジェクトと言われており、ロンドンの新地下鉄Crossrailのためのものです。地下鉄が実際に開通して人が乗れるようになるのは、今からこれまた3年先の話ですが、ひとまず地下鉄用トンネル開通を祝して、その内部の動画が公開されました。ロンドン交通局が、複数のドローンを内部に飛ばしてタイムラプス撮影したもの。タイムラプスと言えどもたっぷり6分弱あることからも、その巨大さが伺えますね。

Crossrailの工事開始は2009年、トンネル工事開始は2012年。始めに8台の巨大マシンが投入され、最高で週300フィート(約91メートル)のペースで掘り進みました。ロンドンの街の下を走るこのトンネル、全長は26マイル(約42キロ)にもなります。運行開始は2018年です。

source: YouTube

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)