エコなデータセンターへ、アマゾンがソーラー発電所を建築中

エコなデータセンターへ、アマゾンがソーラー発電所を建築中 1

エコでグリーンなアマゾンへ。

アマゾンが、アメリカはバージニア州に80メガワットものソーラー発電所を建築することを発表しました。アマゾンの莫大な資金は、より地球に優しい会社設備のために使われていくのです。

アマゾンが計画しているソーラー発電所は、毎年1万5000世帯に供給できるほどの規模で、2016年の運用開始を目指します。バージニアのソーラー発電所建設を手がけるのは、Community Energy。ここで作られたエネルギーは、アマゾンのデータセンターの一部の電力となります。アップル同様、将来的にはデータセンターが再生エネルギーだけで運用できればという考えですが、現在のところ目標達成度は25%。

アマゾンには、ここで計画されているソーラー発電所の他にも、インディアナ州に風力発電所の計画があり、こちらは2016年1月から運用を開始する予定。

image by Pieter Morlion under Creative Commons license

source: Amazon

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)