世界初、地面を踏みしめた感覚が得られる義足

世界初、地面を踏みしめた感覚が得られる義足 1

地面の砂、湿った草の感覚をもう一度。

義足は、何らかの原因により足を失った人々を、立ったり歩いたりといろんなシーンでサポートしてきました。しかし、可能性の幅は格段に広がっても、感じることだけは不可能なまま。義足はあくまで人工的な足であり、今踏みしめている地面の感触を得ることは残念ながらできません。でも、それももう過去の話

そうです、世界で初めて、ある研究者たちが人間の身体と「知覚可能な」義足をつなげることに成功したのです。この義足は本来足が得るべき感覚をシミュレーションして装着者に伝え、そのため装着者はより自分が置かれている状況を正確に感じることができようになります。感じるということは、転倒などの危険から装着者を守るだけでなく、幻想痛を止めることにもつながるのです。

これを実現させるため、Applied Sciences Upper Austria大学のHubert Egger博士率いるチームが何をしたかというと、装着者の神経末端をより義足との接続部分に近い箇所に移動させました。そして、その神経末端は義足の中に設置されたシミュレーターとつながり、さらにこのシミュレーターが義足の足裏にある6つのセンサーに接続されています。このセンサーが地面を押したとき(つまり義足の足裏が地面を踏みしめたとき)、刺激が神経末端まで伝わり、そのまま装着者の脳に伝達されることで、装着者は感覚を得ることができるようになりました。こうしてついに世界で初めて、知覚可能な義足が実現したのです。

世界初、地面を踏みしめた感覚が得られる義足 2

世界初、地面を踏みしめた感覚が得られる義足 3

image by University of Applied Sciences Upper Austria

source: University of Applied Sciences Upper Austria via ExtremeTech

Bryan Lufkin - Gizmodo US[原文

(SHIORI)