とびみけさんもさびがらさんも。毛柄が描ける猫フィギュア

とびみけさんもさびがらさんも。毛柄が描ける猫フィギュア 1

全体をパテで盛ればまんぞくさんもいけますね。ほっぺにちょこっと、高級カリカリ色を塗って。

猫ってみんな同じように見えるかもしれませんが、1匹1匹ぜんぜん違うんです。くろねこさんはちょっとわからないことがあるかもしれませんが、それでも数本ひょこっと生えている白髪の存在で見分けがつきますし、ほかのコたちも毛柄でちゃとらさんきじとらさんの違いとかわかりますよね。

何がいいたいのかというと、サクラクレパスがリリースする「ペイントペットシリーズ」がウルトラスーパーグレート素敵なアイテムなのですよ。第一弾は短毛ねこ。寝そべっている、座っている、立っているの3タイプ無着色フィギュアと5つの塗料、そして2本の筆がつく塗りフィギュアセットで、自分のすきな毛柄でボディをペイントできます。

ウチのコの毛柄のフィギュアが欲しい。と思って身体全体を3Dスキャン→3Dプリントしようとしても、あのステージから逃げ出しちゃうコが大半でしょう。ねこのきもちになったら怖いですもん。それは仕方ない。

でも「ペイントペットシリーズ」なら、自分で愛猫の毛柄を再現できます。ビューティフー! フー!

ところで“シリーズ”というからには今後の展開もあるのでしょう。ということは、ねこあつめVer.も期待しちゃっていいのでしょうか。コラボの機運が小宇宙のように高まることを願ってやみません。

source: 日経

(武者良太)