巨大なショベルカーでホットドッグをつくる

なんて大げさな...。

ノルウェー人が巨大なショベルカーだけを使って、普通サイズのホットドッグを作ります。

バンズをつぶさないようにつまみあげ、具を入れる部分を広げ、サラダをふわっと乗せ、開いたバンズに正確にソーセージを落とし込むさまは神業。トマトケチャップをぶちゅーっとやって、巨大な爪でオニオンをぱらぱらっと振りかけて出来上がり。最後には突っ立って待っているお友達の口まで真っ直ぐ持っていくという、最初から最後までショベルカーでやっちゃうこだわりがノルウェーっぽいです。

実はこれ、ガソリンスタンドの「Statoil」で提供されているホットドッグが新しくなったという宣伝のためのCMでした。

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(abcxyz)