ハンドルが突然外れても安心? スマホで車の運転が可能に

大人のラジコンカー!

男の子ならば、だれでも夢のマイカーをラジコンで手にして喜びに浸った経験があるはず。でも、それはあくまでも玩具ラジコンカーに過ぎません。いつか本物の車をラジコンで運転できるといいんだけどな~。

そんなわがままな願いを本当にかなえてくれる新システムが、ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover Automotive)から発表されましたよ。ランドローバー四駆の「Range Rover Sport」に向けて開発が進む「Remote Control」システムは、まさにその名のとおり、実物のRange Rover Sportを、ラジコンのようにリモコン操縦可能にしてくれます。

スマートフォンに表示されるハンドルを回すと、Range Rover Sportが右へ左へと動きます。アクセル、ブレーキ、ギアチェンジまで、すべて専用スマホアプリのスクリーン画面からのタッチ操作のみで行なえてしまうので、運転席には一切座ることなく、あらゆるRange Rover Sportの運転ができてしまう優れものですね。

Remote Controlには、当然ながら、事故防止のための安全対策も十分に施されており、アプリでラジコン操作する人から33フィート(約10m)以上先にRange Rover Sportが動いてしまうと自動ストップ。また、最高時速も4マイル(約6.4km)に制限されています。さらに、すでにRange Rover Sportに実装されている自動パーキングシステムと連動し、なにかに衝突しそうになったら自動でブレーキがかかる仕組みになってもいるようですよ。

駐車場で横に車がピッタリとくっついて駐車してしまい、ドアを開けてなかに入れないときなど、Remote ControlでチョイとRange Rover Sportを動かし、広い場所まで出してから乗り込む……。そんな限定的な用途での利用が想定されており、決してスマートフォンから高速でラジコン運転するような無茶はできません。現在はRemote Controlはプロトタイプの段階ですけど、意外と自動運転車よりは早期の実用化が見込まれる、これから普及していきそうなシステムですよね。

なお、ジャガー・ランドローバーは、Remote Controlと同時に、ドライバーが一切ハンドルにもアクセル・ブレーキにも触れることなく、180度の自動方向転換を行なってくれる「Multi-Point Turn」システムも、Range Rover Sport向けに開発していることを披露しています。どちらのシステムも、だれも手を触れていないのにクルクルと勝手にハンドルが回っていくのは、なんだか魔法を目にしているようで不思議な体験ですけどね。

source: Jaguar Land Rover via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)