来年は個人資産で北米抜く。アジアの時代がくるぜ! 日本抜きで!

来年は個人資産で北米抜く。アジアの時代がくるぜ! 日本抜きで! 1

西暦2019年までに世界の富の約半分(46%)は億万長者(資産100万ドル以上)が支配する。その過半数はアジアになる。

そんな将来見通しが、大手ボストン・コンサルティング・グループの最新データ「Global Wealth 2015」で明らかになりました。

2014年は北米(個人保有資産51兆ドル=6275兆円)が世界トップで、続いてアジア太平洋(日本を除く)が47兆ドル(5783兆円)で、ヨーロッパ(東欧含め)を抜いて第2位になった。

2016年には57兆ドル(7013兆円)で、アジア太平洋(日本を除く)は北米(56兆ドル=6890兆円)を抜いて世界で最も富裕な地域、顧客開拓の最大市場となる。

また、同地域は2019年には世界の富の34%を支配する見通し。

いや~アジアの時代が来ますね、バンザイ!! 「日本を除く」「日本を除く」っていうのがちょいと気になりますが、もうちょこっと先を読んでみましょうか。

向こう5年間で、世界の個人保有資産は年平均成長率(CAGR)6%で、222兆ドル(2京7316兆円)に達する。

地域別に見ると、2014年はどの地域も個人保有資産は増えたが、成長率にはかなり開きがある。新世界が目覚ましい成長を遂げる「旧世界 vs 新世界」のダイナミクスがここでも観測された。世界最速スピードで成長した地域は2012年、2013年と連続でアジア太平洋地域(日本を除く)で、個人保有資産は29%も増えまくった。

東欧・南米のような他の新世界の地域でも、2桁台の成長率を記録。中東・アフリカ(MEA)地域も1桁台後半の成長を遂げた。

逆に「旧世界」では全地域とも成長率は1桁で、最も成長が鈍かったのは西欧と北米、次いで少しだけ離れて日本。

[...]

日本の個人保有資産は2014年、比較的低い2%の成長率で14兆ドル(1722兆円)となった。2019年には年平均成長率(CAGR)は全地域で最も低い2%未満で、推定たったの16兆ドル(1969兆円)となる見通し。

どびょ~ん。アジアの時代は日本抜きで進むのでした。もう、グラフでわざわざ棒たててくれなくていいからアジアに混ぜてよボスコン、頼む~。

source: Boston Consulting Group via The Fiscal Times

(satomi)