「アンドロイドは電気羊の夢を見る」ことが判明

150619AI_dream_a

これ、グーグルのAIが見た夢です。

画像認識のニューラルネットワークは、画像に建物、動物、物体などのパターンを見出すよう躾けられたマシン。そのせいかなんの変哲もない画や風景も、こんな風に見えるんだそうですよ?

グーグルがブログでその実例を公開しました。

この画像になるまでのプロセスを簡単に説明しますと…

まずニューラルネットワークに画像をフィードして特徴を掴ませ、その特徴を強調するよう修正をかけさせます。で、修正された画像をまたニューラルネットワークにフィードして特徴を掴ませ、その特徴を強調するよう修正をかけさせます。このフィードバックのループを繰り返していくと、特徴がだんだん強化されていって、最後にはAIの見た夢が浮かび上がってくるんです。グーグルはこれを映画にちなんで、「インセプショニズム」とよんでいます。

たとえば、「エッジを認識しろ」という基本タスクを要求すると…

150619AI_dream_c

どこかで見た絵画のような画像になります。もっと高度に、「動物を認識しろ」っていうタスクを要求すると…

150619AI_dream_g

あれもこれも動物に見えてしまうAI。普段から動物認識のタスク要求が多いせいか、こんなふうにただの青空を見ても…

150619AI_dream_d.jpg
クリックで拡大します

ついつい動物に見えてしまうんです。

150619AI_dream_e

空の動物を拡大したところ。くじら雲のステロイド版。

建物を認識してもらうと、エッシャーの絵のように。

150619AI_dream_f

150619AI_dream_h

人工ニューラルネットワークが自律的に紡ぎ出した、これもまた「夢」ですね。

source: Google via The Guardian

Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文

(satomi)