トラックの後ろから前方が見える! サムスンが"透明"車両を開発中

その手があったか!

運転中に大きなトラックの後ろについてしまったときほど、アンラッキーなことはありませんよね。はっきりいって、よほどの車間距離を取らない限りは前なんて見えません。追い越したくても、前方の様子がわかりにくいので危険ですし、トラックで見えなかった信号を、うっかり無視しそうになってヒヤッとする瞬間だって……。

そんなドライバーの悩みを解消できるシースルーのトラックを開発すべく、なんとサムスンが本腰を入れてきましたよ。その名も「Safety Truck」という新型トレーラーの後方扉には、4枚の大型スクリーンがつなぎ合わさって、1枚の巨大なディスプレイになっています。そこに、前方のビデオカメラからの映像がワイヤレスでリアルタイムに映し出されて、まるでトラックが透けて前が見えているような状態になります。夜間はナイトビジョンモードへと切り替わって、暗闇でも視認性が高まるとされていますよ。

あくまでもSafety Truckは、現時点ではプロトタイプのテスト段階にすぎません。しかしながら、すでにサムスンは、Safety Truckを公道で本格的に運用すべく、規制当局からの正式認可の申請に取り組んでいるようです。きっと常に大画面ディスプレイへリアルタイム映像を映し出すためには、さまざまな課題がありそうですけどね。ただし、本当にSafety Truckが各地で導入されれば、大型トラック絡みの交通事故を格段に減らせる優れたアイデアとして評価されることは間違いないでしょう。いつかは日本国内でも走るようになってほしいものですよね~。

source: The Verge

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)