こちらはホバーバイク。またがって乗ります

未来の乗り物ってアイデアが発表されてもなかなか実用化されないですよね。でも今回のこれはずっとリアルな話。

なんとアメリカ軍がホバーバイクの開発に乗り出したとのこと。「AKIRA」に出てきたようなこんな乗り物が縦横無尽に走り回る日も近いかもしれません。

今月パリで開かれた航空ショーで、イギリスのスタートアップであるMalloy Aeronauticsとアメリカ国防総省によるこのコラボ計画が発表されました。そう、このドローンみたいなバイクに人が乗って、浮き上がって、移動できるのですね。ボクらが長年夢見てきた未来の乗り物がついに現実になる。ちょっと心の汗、拭いてきます。

Malloy Aeronauticsはこのバイクに既に数年取り組んできたようで、戦闘における多くの利点を挙げています。

んーっと、戦闘? あー、そうですよね、アメリカ軍ですよね。うん、リアルです。色んな意味で。

回転部のローターは安全のためちゃんと厳重に保護されており、ヘリコプターよりも敏速に動くことができ、さらに折り畳めるようになっているので機体の輸送も楽。しかも無人でも稼働可能で、物資の輸送に使えるとのこと。

まだ実地試験がいつであるとか、決まった完成時期は発表されてないようですが、本格的な開発がメリーランド州ですぐに開始されるそうです。おそらく偵察用として配備されて、何台かの群れで砂漠や森をグングン飛び回るのかなーなんて想像が膨らみます。

いずれ一般人にも販売されるようになったら、窓から仕事場のオフィスに出勤できますね!

こちらはホバーバイク。またがって乗ります 1

こちらはホバーバイク。またがって乗ります 2

source: Malloy Aeronautics via BBC

Bryan Lufkin - Gizmodo US [原文]

(塚本 紺)