未来きたの? レクサスが「本物」のホバーボードを作ったと発表

トヨタが世界で展開している高級自動車ブランド「レクサス」が、なんと本物のホバーボードを制作したと発表しました。ついにあの「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の世界が現実となるのでしょうか!

ホバーボードと言えば、今までにも数々の試作品が作られては話題になっていました。しかし何と言っても、あの世界のトヨタが公式に「できた」って言っちゃうんですから、期待するなというのが無理な話です。

未来きたの? レクサスが「本物」のホバーボードを作ったと発表 1

この「レクサス・ホバーボード」、液体窒素で冷却された超電導体永久磁石を組み合わせて実現したそうで、原理はともかく、本体からかすかにあふれる煙がカッコよすぎてたまりません。

残念ながら、同社は詳細については固く口を閉ざしています。しかし現在までに、このプロトタイプがロンドンとドイツのチームによって18ヵ月以上開発されていたこと。そして、現在はバルセロナでプロのスケートボーダーによってテストされていることがわかっています。

未来きたの? レクサスが「本物」のホバーボードを作ったと発表 2

磁石を使っているということは、特定の場所でしか使えないのか。一体どのくらいの重さにまで耐えられるのか、そもそも本当に浮くのか……

まだまだ謎だらけのホバーボードですが、奇しくも今年は、あの「バック・トゥー・ザ・フューチャー PART2」の舞台であった2015年。みんながワクワクしていた未来がついに来たって、素直に喜んじゃいましょう!

source: Lexus

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)