グーグルが開発中らしい医療用リストバンドって?

グーグルが開発中らしい医療用リストバンドって? 1

業務用の本気製品。

今はスマートウォッチがテック業界の流行りですが、グーグルは少し違うアプローチも考えているのかもしれません。ブルームバーグの報道によると、同社は医療用のフィットネスリストバンドを開発してるそうなんです。ん、医療用? これまでのフィットネスバンドとはどう違うんでしょう?

たとえばApple Watchでも心拍数などを計測できますが、グーグルの医療用フィットネスリストバンドは皮膚の温度や利用者周囲のデータ、例えば日光下で過ごした時間や騒音なんかを測定できるらしいのです。医療に役立つようなより詳細なデータを収集できるってことですね。

患者さんがウェアラブル製品を装着するメリットは大きく、医者は患者が病院外でどのような健康状態で過ごしているのかを知ることができます。アップルも医療用データを収集するResearchKitというプラットフォームを立ち上げていますが、これも似たアプローチといえるかもしれませんね。

この計画はGoolge Glassや自動運転車などを生み出してきたGoogle Xというラボによって開発されているそうなんです。なお、製品が登場すればおそらく一般向けでなく、病院などで使われることになるんだとか。

Google Xは血糖値を計測するスマートコンタクトレンズを開発していたりしますし、実はグーグルはアップルと同じかそれ以上に医療分野に本気で進出するつもりなのかもしれませんよ。

source: Bloomberg via The Verge

(塚本直樹)