自分でトラックに乗っちゃうコンテナが誕生

腕立てをするトラックコンテナを見るのは初めてです。

コンテナ輸送は世界経済の礎石です。でもコンテナはとっても重い! そのため、コンテナを動かすにはクレーンを使う必要があるんです。だけどこのSL-Tainerはクレーンがなくったって自分を持ち上げられちゃうんですよ。

残念ながらSL-Tainerもコンテナ輸送船から地上への移動はできませんが、4本の油圧式の脚を使って地面から「よっこらしょ」と体を持ち上げることができます。こうすることで、地面からトラクタートレーラーまでの移動にはクレーンもフォークリフトも必要無くなり、トレーラーが持ち上げられたコンテナにバックして荷台を滑りこませるだけですむようになります。

*ワイングラス内には燃料が入っており、動画では燃料消費を検証している

動力源は別に必要で、トラックもしくは携帯用発電機などがあればいいとのこと。一度トラックに載せる、もしくはトラックから下ろすには、費用としては1ドル程度、時間は約15分かかります。

自分でトラックに乗っちゃうコンテナが誕生 1

最近ポップアップストアや、展示ブースとしてもよくコンテナが使用されているのを見ますが、SL-Tainerがあればトラックでコンテナを運搬する際にもっと便利になりそうです。それとも今後はSL-Tainerがノソノソと歩けるようになってトラックすらいらなくなるような進化を遂げるでしょうか?

source: Excalibur Shelters via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(abcxyz)