ヒューマンインターネット時代は来るか? 脳に埋め込むメッシュの人工神経組織

ヒューマンインターネット時代は来るか? 脳に埋め込むメッシュの人工神経組織 1

とある小説にこんなモノがでてきます。

未来人が脳に埋め込んでいる神経組織レースと呼ばれるガジェット。メッシュ状のこのガジェットは、埋め込まれた脳とともに成長し、ワイヤレスの脳コンピューターとして働くのです。また、思考によって特定の物質をだすよう神経をプログラムする役目を持っているのだとか。完全にSF世界の話のように聞こえますが、この神経組織組織レースを彷彿とさせるものが、現実でできてしまいました。試作品ですけれど。

ナノテクノロジーに従事する化学者&エンジニアのチームが、Nature Nanotechnologyで発表した論文は、まさに脳に埋め込み一体化させるメッシュに関するもの。Mesh Electronicsと呼ばれるこのメッシュは、小説にでてきたもののように、マシーンと生物をスムーズに繋ぐインターフェースとなるのです。このメッシュ、非常に薄くしなやかななので、なんと注射針から体内へ注入することが可能。すでにマウスでテスト済の状態。研究チーム曰く、可能性は無限で、脳の働きをモニタリングしたり、変性疾患の治療薬を注入したり、脳の動きを強めたりと、多くの利用方法が考えられるといいます。

Smithsonian Magazineに掲載されたレポートによると、多くの団体がこの研究に投資をしています。例えば、パーキンソン病などの変性疾患の新たな治療を模索するベンチャー企業Fidelity Biosciences。さらに、米国軍隊も興味を持っており、空軍のサイボーグセルプログラムを通して軍もサポートをしています。なるほど、この研究に対する注目と期待の高さが伺われますね。

現在テスト中のメッシュが埋め込まれたマウスは、ワイヤーを介してコンピューターと繋がれている状態にあります。が、将来的にはワイヤーを取り除き、ワイヤレスで繋ぐことがゴールです。テストで最も注目すべき点は、マウスの脳細胞は、このメッシュの周り囲むように成長し、ワイヤーとの繋がりを着々と築いているということ。そのうち、生物構造のなかで機械部品をうまく受け入れられるようになるだろうということです。

ヒューマンインターネット時代は来るか? 脳に埋め込むメッシュの人工神経組織 2

上は、メッシュと脳組織が併合する様子の3D顕微鏡画像。

チームは、なるべく早くヒトでのテストにも望みたいと希望していますが、それは現実的に見てまだ先のことになるでしょう。とは言え、この開発&実験は、人類初のヒューマンインターネットとなる可能性は十分にあります。注射で体内に注入されたメッシュによって、脳と脳がクラウドを通してコミュニケーションをとる時代、データが直接脳に働きかける時代がくるかもしれません。

人類はどこまでいくのでしょう。

image by Charles Lieber

source: Read the scientific article in Nature Nanotechnology

Annalee Newitz - Gizmodo US[原文

(そうこ)