いつでも持ち歩ける600mm。25倍ズームコンデジ「PowerShot G3 X」デビュー

150618-PowerShotG3X_08-R.JPG

機動力、バツグンです。

キヤノンのコンデジの中でマスターグレードとなるGシリーズに、新たな仲間が登場します。その名も「PowerShot G3 X」(以下G3 X)。1インチセンサーを搭載したG7 Xをベースに、フルサイズ換算24-600mm F2.8-5.6光学25倍ズームレンズをビルドインしたモデルです。

いやあ。待ってたんです。このコ。取材用カメラとして十全な存在じゃないのかなって。

150618-PowerShotG3X_07-R.JPG

G3 Xは約2020万画素1インチCMOSセンサーを搭載しており、5軸手ぶれ補正も搭載。画像エンジンは最新世代のDIGIC6は電子ブレ補正機能もあり、走り撮りや後ろ歩き撮りといったシチュエーションでもブレを低減してくれます。

ストロボはポップアップ式。そしてEOSの外付けクリップオンストロボも使えます! EOS仕様のアクセサリーも使えます! 本気のブツ撮りできるー!

150618-PowerShotG3X_06-R.JPG

3.2インチの液晶モニタはチルト式。上側180度、下側45度まで動かせます。ハイアングル/ローアングルの撮影もラク。自撮りもOKです。解像度は約162万画素で細部もチェックもしやすくなっています。

150618-PowerShotG3X_11-R.JPG

25倍もの光学ズームレンズを用いながら前後長は105.3mm。大きいですって? いやいや、これかなりの小ささですよ。短さですよ!

また画質が劣化しにくいプログレッシブファインズームを使えば25×2=50倍のズーミングも可能。

マクロ域は5~50cm。600mmズーミング時に50cmです。これなら自宅でのテーブルフォトもはかどるでしょう。

いつでも持ち歩ける600mm。25倍ズームコンデジ「PowerShot G3 X」デビュー 1

各部にシーリング処理を施すことで、EOS 70Dレベルの防塵防滴性能も実現しているそうです。土砂降りだと厳しいけど、小雨なら大丈夫。なお赤線部がラバー&接着処理、緑線部が高精度なパーツの合わせで水分やホコリの侵入を防いでいます。

いつでも持ち歩ける600mm。25倍ズームコンデジ「PowerShot G3 X」デビュー 2

シャッターボタンにところにあるリングレバーがズームレバー。その内側には電子ダイヤル、露出補正ダイヤルを備えます。右手で握って親指で露出補正。これがいいんですよね直感的に使えて。

150618-PowerShotG3X_09-R.JPG

背面にはコントローラホイール、メニューボタン、再生ボタンなどを装備。写真撮影時もモニタで撮影画像を見るときも、親指を大きく動かさずにすむレイアウトになっています。

いつでも持ち歩ける600mm。25倍ズームコンデジ「PowerShot G3 X」デビュー 3

オプションの電子ビューファインダー「EVF-DC1」(約236万画素)も用意されます。やはりマクロでどんどん撮っちゃってなカメラなんですね。

気になるお値段ですが、キヤノンオンラインショップでの販売予定価格は10万6800円。また電子ビューファインダーのつく「PowerShot G3 X EVF KIT」は10万9800円...って3,000円違い!? 初回限定5,000台とはいえふとっぱらなプライスです。

いやー、10万円級かー。悩むなー。何売って資金捻出しようかなー。

source: キヤノン

(武者良太)