「Project Ara」、発売はまだだけど最高にクール!

「Project Ara」、発売はまだだけど最高にクール! 1

早く自分だけのスマホを組み立てたい!

去る29日のGoogle I/OにおけるATAPセッションにて、グーグルのモジュールスマホ、Project Araがチラッとお披露目されたようです。ほんとにチラッとですが。新しい情報といえば、プロジェクト自体は未だに開発中という事くらいです。しかーし! 短いながらもデモンストレーションが行われ、それは完成品が待ち遠しくなるくらいクールだったそうですよ!

「Project Ara」、発売はまだだけど最高にクール! 2

グーグルのエンジニア、Rafa Camargo氏が、Araのパーツがバラバラに入ったトレーと共にステージに登場しました。Camargo氏はデバイスの中心となるフレームを手にとり、プロセッサ、バッテリー、そしてステレオにするためにスピーカーを2つ取り付けました。そしてスイッチを入れる事30秒。Araは見事起動し、最新版のアンドロイド…恐らくLollipopかAndroid Mを搭載していました。

「Project Ara」、発売はまだだけど最高にクール! 3

「写真を撮りましょうか。」とCarmago氏は言って、カメラアプリを立ち上げましたが、何も起きません。スクリーンには斜め線の入ったカメラアイコンが点滅しているだけです。カメラモジュールを入れていなかったのですね。

「Project Ara」、発売はまだだけど最高にクール! 4

そこで彼はトレーからカメラのモジュールを取り出し、スロットに装着しました。5秒後にはカメラが起動し、見事スマホは観客の写真を撮ったのです。

短いデモですが何が素晴らしいかって、新しく接続された部品をここまで早く認識できることです。普通、一度電源を落としてから付けようと思うじゃないですか。このプラグ&プレイはAraイチオシの機能になりそうですね。

残念ながら紹介されたのはここまでですが、早くAraの機能がもっと見たいですね!

Brent Rose - Gizmodo US[原文

(scheme_a)