WatchKitを超える。ネイティブSDKがApple Watchにやってきた #WWDC2015

WatchKitを超える。ネイティブSDKがApple Watchにやってきた #WWDC2015 1

ますますApple Watchが面白くなってくること間違い無し。

Apple Watchのサードパーティーアプリ開発ツールといえばWatchKitでした。Apple Watchのハードウェアにはアクセスできないなど、機能にもUIにも制限がたくさん。WWDCでは、そんなWatchKitを超えるネイティブアプリ開発キットが発表されました。これでサードパーティーディベロッパーもより自由に開発できるように! これからが楽しみです。

WatchOS 2とネイティブSDKの登場によって開発の幅はかなり広がりそうです。難しいと思われていたゲームの開発も以前に比べてやりやすくなるのだとか。ネイティブSDKではデジタルクラウンやハプティックフィードバック(触れる感覚)技術、心拍数センサーやマイク、加速度センサーなど他のハードウェアにアクセスできるように。iPhoneとの連携が必要なくなることで、今までのApple Watchアプリとは違うものが生まれてきそうですね。

ネイティブSDKは来週にプレビューバージョンが公開され、ディベロッパーはネイティブアプリの開発やテストを行なうことができます。iOS9と同じくこの秋にはフルバージョンがリリース予定。日付もiOS9に合わせてくるのでは?と予測されているのだとか。

source: アップルArs Technica

(Haruka Mukai)