「機能美」に満ちたカタチ。新スタイルのBluetoothイヤホンがライフスタイルに溶けていく

2015.06.11 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150601audiotechnica04.jpg


イヤホンの重要性、どんどん上がってますよね。

「音楽を聴くためのもの」だったイヤホンですが、ノイズキャンセリングの登場で「集中するための道具」として、そしてスマートフォンの普及により「通話装置」としても扱われるようになりました。

その最新系がBluetoothイヤホン。USB Type-Cしかケーブルを採用しない新しいMacBookが象徴するように、やはり未来はワイヤレス。当然イヤホンもケーブルに縛られないワイヤレススタイルが求められているようです。


150601audiotechnica02.jpg


オーディオテクニカのBluetoothイヤホン「ATH-BT08NC」は、ケーブルレスの軽快さで高音質とノイズキャンセリングを持ち歩け、シームレスにハンズフリーで電話もできる、まさしく全部入りのBluetoothイヤホン

最大の特徴は、首掛け型のウェアラブルネックバンドデザイン。全部入りの高い機能性をコンパクトなボディに収め、耳に重さを感じさせず利便性・快適性も高める「機能とデザイン」を両立させた発想なんです。


150601audiotechnica01.jpg


この機能美に共感したのは、旅行の荷物を減らせる真空パックに入ったパッキングらくらくTシャツや、MacBook AirとiPadをポケットに収納できるジャケットなど、「ギア・ウェア」をコンセプトとした機能服を作っているアパレルブランド「TEATORA(テアトラ)」のデザイナー、上出大輔さん。

上出さんが「ATH-BT08NC」とともに過ごす上質な1日を覗いてみましょう。


ケーブルが絡まない快適な通勤、着信にもシームレスに対応


150601audiotechnica04.jpg


通勤などの移動中にイヤホンのケーブルが絡まってしまうこと、ありますよね。かばんの中から取り出したらぐちゃぐちゃになっていたり、満員電車で他の人の腕やかばんに絡まったり…。

そうしたストレスから自由になれるのが、Bluetoothによるワイヤレス接続。さらにウェアラブルネックバンドデザインなら、まさに“身につけている”という感覚が得られる一体感です。


150602audiotechnica02.JPG


移動中に着信があれば、1ボタンで音楽から通話にシームレスに移行。わざわざスマートフォンをポケットから取り出す必要はありません。これが想像以上に快適。電波干渉による音切れが少ないBluetooth標準規格Ver.3.0なのも安心です。


ノイズキャンセリングとワイヤレスでつくる、自分だけのプライベート空間


150601audiotechnica06.jpg


「デザイン業務時にはできるだけ外界の影響を受けたくない」という上出さんがオフィスで重宝しているのが、ノイズキャンセリング機能です。


150601audiotechnica07.jpg


高音質を損なわないまま最大90%の環境騒音を低減するので、都心の喧騒にいながらにして自分だけのプライベート空間を作れるかのよう。


150601audiotechnica08.jpg


ワイヤレスなので仕事中の手元を邪魔することもなし。重さを感じさせないウェアラブルネックバンドデザインもあいまって、クリエイティブワークにだけ集中することができます。


昼下がりの仮眠は、上質なソファーと静寂とともに


150601audiotechnica09.jpg


上出さんが手がけるブランド「TEATORA」が大きく影響を受けたというのが「ハーマンミラー」。オフィスには同ブランドを代表する、チャールズ&レイ・イームズのラウンジチェアとオットマンがありました。


150601audiotechnica10.jpg


「伝説」とも言える名作ソファーに全身を預けての昼下がりの仮眠。休憩しながらも身体全体でインスピレーションを受けているかのよう。


150601audiotechnica11.jpg


ノイズキャンセリング機能により、静寂のなかで快適な睡眠を得られます。


ウェアラブルネックバンドは、着けていることを忘れる自然体に


150601audiotechnica12.jpg


オフィスから自身のブランドの展示会に向かう上出さん。ペンダント型のデザインが多いBluetoothイヤホンですが、「ATH-BT08NC」はBluetooth受信機をネックバンドに搭載しているため、ファッションを邪魔しません


150601audiotechnica13.jpg


ホワイトで統一したシンプルな装いに違和感なく溶け込みます。


150601audiotechnica14.jpg


秋冬の新作が並ぶ展示会は大盛況。


仕事後、カフェで過ごす自分だけの時間


150602audiotechnica01.JPG


アクティブな一日を終え、帰宅前のカフェで一杯。

落ち着いて読書をしたり、考え事をしたり…。賑やかさを楽しみたいときもあるけれど、静かにしっとりと過ごしたいときもありますよね。

ノイズキャンセリングがあれば、ここでも自分だけの空間を作ることができます。


150601audiotechnica17.jpg


静寂に包まれ、明日は何をしようと考える。そんな贅沢なひとときとともに夜は更けていきます。


ミニマリズムの次を行く、一歩進んだデザイン


150601audiotechnica18.jpg

150601audiotechnica19.jpg


上出さんが特に気に入ったのが、ノイズキャンセリング機能の優秀さのほか、「ATH-BT08NC」のデザインでした。

「iPhoneのような削ぎ落としたミニマルなデザインが全盛の今ですが、今後はそこに線を効かせたデザインが求められてくると思っています。この『ATH-BT08NC』にはそうしたデザインを感じます。ウェアラブルネックバンド部分の形状や、イヤホン部のカッティングに美しさと面白さの両方を感じますし、このバンド部分がスタイルにもなりつつ機能的にも働くっていうのがこのデザインのいいところですね」


150601audiotechnica20.jpg


「ギア・ウェア」をコンセプトとした機能服ブランド「TEATORA」をデザインしている上出さんが共感する、オーディオテクニカのBluetoothイヤホン「ATH-BT08NC」。

ワイヤレスの軽快、ノイズキャンセリングの快適、そしてウェアラブルネックバンドによる「機能とデザイン」の両立で、イヤホンはまた一歩進化したようです。


source: オーディオテクニカ(Bluetooth製品ページ)
関連記事:新人編集者が、初めてノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドセットを試して実感した6つの活用法|ライフハッカー[日本版]

(照沼健太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア