「OS X El Capitan」は「Yosemite」に似たアップデート版 #WWDC2015

「OS X El Capitan」は「Yosemite」に似たアップデート版 #WWDC2015  1

やっとOS X Yosemiteに慣れてきたころ…と思ったらアップルがアナウンスしたのが「OS X El Capitan」です。「El Capitan」(エル・キャピタン)はヨセミテ公園内にある有名な山の名前です。

ヨセミテの中にある山の名前が付いていることからも想像できるように、これは見た目をガラリと変えるようなものではなく、OS Xのフィーリング部分をアップグレードしたものといった感じです。ジェスチャーによるコントロールがもっと増え、「OS XをiOSっぽいフィーリングに」という方向性は続いています。例えば、El Capitanでは2本の指でトラックパッドをスワイプしてメッセージを削除することができます。タップ一回で自動再生された音楽を消すこともできます。指3本で「ミッションコントロール」を出すこともできます。なんだか「Windows 10」を思い起こさせるところが多いですが、それだけには終わりません。

El Capitanのクールな新機能は「Split view」(画面分割ビュー)でしょう。これで複数のアプリをフルスクリーンモードで使えるようになります。画面上部の新たなコントロールバーでアプリを切り替えることもできます。(トップ画像のユーザーインターフェースは、まるでiOSでアプリを切り替えるモードみたいです。)

デベロッパーやゲーマーにとってはEl Capitanの「Metal」サポートは嬉しいニュースでしょう。MetalはiOS 8のグラフィック用にアップルがリリースしたプログラム言語です。表面的にはデベロッパーがこれをゲームエンジンに活かし、ゲーマーがその恩恵を受けるということ。でもその他の詳細も含めて考えると、El Capitanはこれまで見てきたOS Xのアップデートのなかで一番エキサイティング、とは言えないものとなっています。しかし、Yosemiteのドラマティックさを考えれば、ちょっとしたパフォーマンス面での改善は大歓迎です。

El Capitanは全開発者向けには本日より提供開始。パブリックベータは7月から、OS X El Capitanをみんなが手に入れることができるようになるのは今年秋です。

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(abcxyz)