わかっちゃいるけど脳が欺されるTENGA×SRテクノロジー

わかっちゃいるけど脳が欺されるTENGA×SRテクノロジー 1

一人遊びの世界にもイノベーションが起きようとしています。

男子ならば誰もが興味シンシンなTENGAさんが、ハコスコを開発した藤井直敬さんと新たな実験をするから体験してみない?というメールがTENGAの広報さんから届きました。

VR(仮想現実)の研究者とTENGA。没入感の高いコンテンツで一人遊びを加速させようというのでしょうか。これは体験するしかありませんよね!

わかっちゃいるけど脳が欺されるTENGA×SRテクノロジー 2

都内某所の体験会場で僕らを待ち受けていたのは、カスタムされたHMD。そのフロントには小型カメラが組み込まれています。これSR(代替現実)のシステムだ!

そうなんです。藤井直敬さんはフロントのカメラで捉えた映像をHMDに表示させ、撮影済みの映像に切り替えることでどこまでがリアルタイムなのか脳が判別できなくなってしまうSRの研究者でもあるのです。

わかっちゃいるけど脳が欺されるTENGA×SRテクノロジー 3

セクシー女優の早乙女らぶさんがプレゼンターです。そりゃ期待しちゃいます! 「わたしのことを目で追ってくださいねー」と言われ、カスタムHMDをつけたまま首をふって彼女の動きを追っていきます。

わかっちゃいるけど脳が欺されるTENGA×SRテクノロジー 4

そして彼女は左側から後ろへと。椅子に座っているから真後ろのほうまでは追えないなーと思っていたら! いきなり! 肩に手が! 肩もみが!

おおう、とドキドキしていたら、あ、前に彼女が戻ってきました。って! 服を脱いじゃうんですかっ!?

わかっちゃいるけど脳が欺されるTENGA×SRテクノロジー 5

そのままブラまで外しちゃって床に、パサり。あああ、手ブラだ...。

わかっちゃいるけど脳が欺されるTENGA×SRテクノロジー 6

このまま見続けちゃってもいいんでしょうか。止めなくていいんでしょうか。他のスタッフさんもいるというのに。

わかっちゃいるけど脳が欺されるTENGA×SRテクノロジー 7

そして「女の子にTENGAでしてもらったことがある?」と早乙女さん。抱えていたTENGAを手渡してくれてイザ!というタイミングでTENGA取締役・松浦隆さんが「機材トラブルで...」とここで体験会が終了。無念すぎますが仕方ありません。

...と、上の写真を見ていただいた方はもうおわかりでしょう。早乙女さん、実はリアルタイムでは脱いでいません。それどころか肩もみされた段階から松浦さんにバトンタッチ。収録済みのコンテンツ再生が終了するまでは後ろで笑いをこらえていました。

ビデオBOXの未来系になるかもしれないアダルトSRシステム

わかっちゃいるけど脳が欺されるTENGA×SRテクノロジー 8

でも、なんでTENGAがSR技術を使った実験をしているんでしょうね。ちょっとお話を聞いてみました。

松浦 いまはスマート家電やIT化されたりとか、いろんな要素がくっついていく時代です。そういう意味でセルフプレジャーの業界が他の技術や業界とくっついて何かやるというのは必然だと思うんですよね。このシステムが、TENGAとして今すぐ商品化されるとかではありません。未来に向けて、5年後10年後に向けての実験的なところですね。おそらく家庭用にならないかなと考えていて。コンシューマ機器はお手軽なもので、金額的にも仕組み的にもプロダクトとして手軽なものにならないと普及はしないと思うんですよね。

だから可能性があると思っているのはビデオBOX(個室のビデオ試写室)が、ゲームセンターのように進化していったら面白いなと思っているんですね。

――アダルトコンテンツのゲームセンター化、ですか。

松浦 スマホのゲームとアーケードゲームって全然別じゃないですか。スケールも違うし体験型だったり。無料のゲームとは違ってきちんとお金を払う価値があるゲームがゲームセンターにはあると。

そして、今のビデオBOXって家庭で行うセルフプレジャーと変わりがないんですよ。個室を時間で借りているだけで、コンテンツは同じ。そこに優位性とか差別化ってないじゃないですか。だからSRとSOM(サポートオブマスターベーション)という全自動の機械を組み合わせた未来のビデオBOXがでてくると面白いかなって。

――バーチャルのシステムですと、立っているのか仰向けに寝ているのかとか、自分のポジションも含めて楽しめますよね。

松浦 いまの映像のように僕が続きをやったとしても機械がサポートしたとしても、映像を見ている人は映像に出ている綺麗な女性にやってもらえてると思うわけじゃないですか。

――その騙しっぷりはいいですね(笑)

早乙女 でもみんなソ○プとかいかなくなっちゃうんですかね。

松浦 いや、それは別だよ!(笑)

早乙女 人とコミュニケーションとるのが面倒くさいということになったら嫌だなーって。

松浦 まあそういう人もいるだろうけど、僕らが考えているのはセルフプレジャーの進化ですよね。10の部屋があるビデオBOXの受付に綺麗なお姉さんが1人いて、お客さんがきたらそのお姉さんが部屋に案内して、1~2分くらい喋ったらあとの続きは映像でいけば、お姉さんは最大10人を一度にお相手できるということになる。ものすごい効率ですよね(笑)

――体験としての質もあがるわけですね。

松浦 インタラクティブに、発射なタイミングに合わせてゴールな映像を繋げることも考えられますから。

--TENGAのなかにセンサーがあってリアルタイムに状況を把握してコンテンツを切り替えるようにしたら、映像もリンクできるようになると。いっしょにイクとか。

早乙女 それすごい!

――いやあ、そこまでは考えていませんでした。

早乙女 夢だ(笑)

――夢ですね!SFの世界ですね!SFの映画の1シーンみたいなことが、現実にできるかもしれないということですね。

松浦 SRの凄いのは映像だってわかっていても脳が錯覚して、目の前で起きていることだと思いこめるところ。最初は受付の制服のまま登場して、衣装を選んでもらったらその服に着替えるという映像に切り替えるとか、「ちょっと待ってて」と画面外に取りに行って、着替えたあとの映像に切り替えるとか。

もちろん他の子の映像も選べるんだけど「どの子がいい?それともアタシ?」とやったら燃えるじゃないですか(笑) ぜったいそのコ選んじゃうじゃないですか(笑) こういうシステムだとわかった状態でも、わかっているのに何か信じちゃうんですよね。

――藤井さんがTENGAさんとコラボしたことで、何か発見とかありましたか。

藤井 やはり信じたいものを信じるのがいちばん良いと思いましたね。むしろ信じることが幸せかなーって(笑) 鶴の恩返しみたいに、ふすまは開けちゃいけないと(笑)

松浦 本来なら映像にでている可愛いコじゃなくて、おっさんがやっていたとしても(笑)

――実際にサービスを作るとしたら、やはり風俗営業許可申請が必要になるのでしょうか。

松浦 僕も調べてないからわからないですけど、機械で全自動化できたら風俗営業にはならないかもしれないですね。他の人が一切何もしないのなら...そもそもビデオBOXって風俗営業じゃないんですよね。

――それは知りませんでした!24時間営業もできるかもしれないと!

***

まさにオトナのゲームセンター構想。HMDとヘッドフォンが軽量化&ワイヤレス化するなどの技術革新が必要かもしれませんが、ハイエンドなVR/SRギアが揃ったアダルティなスペースという桃源郷が近い将来やってくるのかもしれないと思うといろいろ大変です!

source: TENGA

(武者良太)